* スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.01.19 Wednesday * | - | - | -
* 『土曜日は灰色の馬』恩田陸
評価:
恩田 陸
晶文社
¥ 1,995
(2010-08-07)

 恩田さんが映画や小説、漫画についていろいろと語っているのをまとめたエッセイ集。小説についての文章には、その作品の解説文として書かれたものもあって、ひとまとめにして読めたのはいいんだけど既読のものも多かったので、なんとなく今まで聞いてきた恩田さんのそれらに対する思いをもう一度聞かされたような感じ。それが良いか悪いかではなく、再度「ああ、やはりそういうのがお好きなのですね」と確認したような読書でした。
 読んでいて「うんうん。そうそう」と頷いてしまったのは、物語には「おはなしの神様」というのが居て、その神様の宿っている作品はどんなに粗が目立とうがツッコミどころがあろうが、有無を言わせぬ物語の力でこちらをぐいぐい連れて行ってくれるという話。ほんと、そういう作品たまにありますよね。それに出会いたくて本を読んだり映画を見たりしてるようなもんです。
 それと、三島由紀夫の作品やミステリはケレンと様式美を楽しむのだ、という話。これも大いに同意しながら読みました。名探偵は皆を集めて「さて…」と言ってほしい。三島由紀夫には絢爛たる美々しい文章で酔わせてほしい。歌舞伎で見得を切るように。読んでいるこちらはいつだって「よっ!」と気持ちよく掛け声をかけたいのです。
 それにしても、恩田さんは相変わらず印象的なタイトルをつけますね。

にほんブログ村 本ブログへ
【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集
JUGEMテーマ:読書
2010.09.21 Tuesday * 16:56 | 恩田陸 | comments(0) | trackbacks(1)
* 『私の家では何も起こらない』恩田陸
評価:
恩田 陸
メディアファクトリー
¥ 1,365
(2010-01-06)

 今にして思えば。
 幽霊は、思い出に似ている。(「附記・われらの時代」より)

 アップルパイが焼けるキッチンで殺しあった姉妹、近所から攫ってきた子供たちを解体し主に食べさせていた料理女、床下の少女の傍で自殺した美少年の殺人鬼などなど。おそらく英国の、ある家を舞台としてそこで起こった事柄を、連作短編の形式で描いた本。
 短編それぞれをリンクさせつつ、仄めかしつつ、というのは恩田さんの得意パターン。幽霊屋敷がテーマだけれどゾッとして身の毛もよだつようなタイプのものではありませんでした。怪談というよりは、不思議でちょっと怖い浪漫小説といった感じ。その家の中では、ほんの少しだけ時間の流れがゆっくりで、どこか優雅な雰囲気さえ漂う。ある家が過去から現在、そして未来へ向けて経験してきたことを、私たちが幻視のように本の中に見ている一代記のようでもありました。帯に書いてある「美しく優雅なゴーストストーリー」という言葉がぴったり。怖さよりも、薄暗い闇の部分を美しく見せる話が多かったように思います。「私は風の音に耳を澄ます」などは、映像として想像するとグロテスクな話なのに、文章からは美しく平和で穏やかな雰囲気が伝わってきます。
 人の死に様は十人十色で、それゆえ幽霊となる状況もそれぞれ違います。幽霊だけでなく、化け物もそこに含まれているかもしれないし、日本だったら妖怪と捉えられるものかもしれません。そういったものをすべて飲み込んで建っている家も少なくないでしょう。何十年何百年と年月を経た家屋に足を踏み入れたときの、なにかに圧倒されるような感覚は、そういったものの影響もあるのかもしれませんね。
 古い家に越してきたときなどはその家の過去を想像するのが楽しくもあり、ちょっとだけ怖くもあるのかと、「家」というものを考える作品でした。
 そして、この本を読んでいてシャーロット・パーキンス・ギルマンの『黄色い壁紙』を思い出しました。この本が気に入ったなら、そちらも併せて読んでみるのもいいかもしれません。ネットで検索すると翻訳してくれているサイトが見つかると思います。

【収録作】
 私の家では何も起こらない/私は風の音に耳を澄ます/我々は失敗しつつある/あたしたちは互いの影を踏む/僕の可愛いお気に入り/奴らは夜に這ってくる/素敵なあなた/俺と彼らと彼女たち/私の家へようこそ/附記・われらの時代

にほんブログ村 本ブログへ
【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集
JUGEMテーマ:読書
2010.01.30 Saturday * 18:10 | 恩田陸 | comments(0) | trackbacks(0)
* 『夏の名残りの薔薇』恩田陸
評価:
恩田 陸
文藝春秋
¥ 1,950
(2004-09-25)
 山奥のクラシックなホテルで、毎秋開かれる豪華なパーティー。その年、不吉な前兆と共に次々と変死事件が起こった。果たして犯人は……。

 物語は、英国調のクラシックなホテルで起きた変死事件をいくつもいくつも折り重ねて編んでいく。『Q&A』を読み始めたときに「これは恩田陸版『藪の中』かな?」と思ってラストでホラーになっちゃったんだけど、この『夏の名残りの薔薇』こそ恩田陸版『藪の中』という感じ。語り手が各章ごとに次々と代わり、前章で語り手を務めた登場人物が次章の語り手によって観察、描写される。そして前章で起こった変死事件が次章ではなかったものになっていて、また新しい変死事件が起こる。
 舞台も登場人物も限られたクローズドサークルものが好きな人にはいいかも。でも、きっちりとした「犯人探し」を求めている人にはお薦めできない。文章はとても雰囲気があって素敵なんだけど。

 高評価でないのは、
1.この物語の背景ともいえる「去年マリエンバートで」という映画を知らない。
2.引用文がシナリオ形式で苦手である。
3.冒頭の主題に出てくる人物が誰なのかはっきりしないまま終わってしまった。
 という理由から。特に2の引用文がシナリオ形式というのはきつかった。例えて言うなら、ポップ音楽が詰め込まれたCDの途中に何度もクラシック音楽が挿入されているのを聴くような感じだろうか。かなり頻繁に引用文が出てくるので、それまでの読書リズムがそこでガクンと落ちてしまう。で、またリズムに乗り始めたところでガクン、の繰り返し。小説も脚本も同じように読める人なら気になるまい。私は一定のペースで読めなかったので、この引用文の役割は重々承知していながら、どうにも邪魔っけに感じてしまった。

 巻末にある恩田陸のスペシャルインタビューや、ミステリ評論家の杉江松恋による解説は読み応えがあったと思う。
2007.04.22 Sunday * 00:05 | 恩田陸 | comments(0) | trackbacks(2)
* 『ロミオとロミオは永遠に』恩田陸
評価:
恩田 陸
早川書房
¥ 1,890
(2002-11)
 人類のほとんどが新地球に移住している近未来。しかし、国連の「新地球」移民法制定によって日本人だけが旧地球に居残りを余儀なくされ、20世紀から21世紀にかけて世界中で垂れ流された有害物質や産業廃棄物、核廃棄物などの処理をさせられている。最終的な処分まで数千年はかかると言われているこの難事業のために、日本人の数はじわじわと減り続け、有害物質処理の仕事に従事するうちに遺伝子異常が確認されると、子供を作ることも許されなくなる。ここで生き抜き、人間らしく生活することを願うなら、処理者たちを指導する側、つまり超エリートになるしか道はない。そのための唯一の手段は、大東京学園の卒業総代となることで……。苛酷な受験レースを潜り抜けたアキラとシゲルを待ち受けていたキャンパスとは…。絶望に満ちた学園からの、郷愁と哄笑の大脱走劇。

 昭和という時代は、もはや大正・明治時代と共に、こんな風にノスタルジックに描かれるようになったんだなあ。あのぐんぐんと社会全体が身体を軋ませながら伸びていった時代が、ここでは地球汚染の元凶であるとされている。
 各章のタイトルがすべて、映画の名前(例えば『死ぬのは奴らだ』とか『未知との遭遇』等)で、細かい所に遊び心があって面白い。クラス分けの名前も都内の地名になっていて、思想的に問題アリな連中が集められるのは「新宿」クラス。

 サブカルネタが満載で、今20代後半〜30代後半までの人達は、「あー、はいはいはい」と至るところで思わず笑いが漏れるだろう。私は、某○ィズニーランドをパロった廃棄物埋め立て場の描写に笑った。気味の悪い、耳ばかり大きいネズミのような化け物が云々…(笑)。20世紀に流行った様々なサブカルチャーがネタとして次々とあらわれる。しかし、この世界では人類を堕落させたサブカルチャーは悪とみなされ、それを愛する者は、地下に潜って活動するしかない。
 いつもラストの詰めが甘い恩田さんだけど、それはもはや持ち味なのか。全編通して、浦沢直樹のマンガ『20世紀少年』と映画『大脱走』と『バトルロワイヤル』を足したような感じ。全体的にB級な雰囲気にパロディの山。表紙がすでに某有名映画のパロディ。実はそのパロディやギャグの奥にあるものはとても重い。けれどあまりその重さを感じずに読めるので、気負う必要もない。現代社会の問題点を危惧しながらも、それでもやはりその欠点だらけの現代社会を愛してやまないといった感じかな。
 個人的には、脱走用のトンネルを掘り続けた脇役コンビが印象的だった。主人公コンビは、イラストからしてまんま某Kin○i Kidsのイメージだ。
2007.03.07 Wednesday * 19:32 | 恩田陸 | comments(0) | trackbacks(0)
* 『木曜組曲』恩田陸
評価:
恩田 陸
徳間書店
---
(1999-11)
 耽美派女流作家の巨匠、重松時子が薬物死を遂げてから、すでに四年。彼女と縁の深い女たちが、今年もうぐいす館に集まり、時子を偲ぶ宴が催された。なごやかなはずの五人の会話は、謎のメッセージをきっかけにいつしか告発と告白の嵐に飲み込まれ、うぐいす館の夜は疑心暗鬼のまま、更けてゆく。やがて明らかになる、時子の死の真相とは?

 恩田作品の特徴として、魅力的な導入部に比べてラストが肩透かしというのがあるけれど(まぁ、それすら恩田さんの持ち味として楽しめるんだが)、これはそういった「今一歩」感がなく綺麗に話が収斂されていて読後すっきりした。
 二転三転する容疑者、既に死亡している時子の存在感とそれに縛られている登場人物たち。恩田陸の心理描写にはいつも惹きつけられる。これはその心理描写がメインの心理サスペンス。読み応えがあった。果たして女性作家の死は他殺だったのか、誰がどうやって殺したのか。なぜ、殺したのか……。次々暴かれる一人一人の秘密、一転また一転。ただの他愛もないお喋りのはずなのに、最後の最後で謎の死の真相が浮かび上がってきたときの感触はなんとも言えない。そしてそこで終わらせずにもう一幕二幕あるオチ。
 作中で登場人物たちが語る小説論、作家論も面白かった。恩田さんの考えが投影されているんだろうなぁ、とファンとしても興味深い。作中でメロドラマについて言及しているんだけど、この本を出版した後実際に恩田さんメロドラマな内容の本(『ライオンハート』)を出してるし。
 あ、それと、作中にはそれはそれは美味しそうな料理が出てきて食欲をそそった。読んでるとお腹が空いた(笑)
2007.02.26 Monday * 14:00 | 恩田陸 | comments(0) | trackbacks(0)
* 『Q&A』恩田陸
Q&AQ&A恩田 陸 幻冬舎 2004-06-11売り上げランキング : 72840おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools

 2002年2月11日(祝)午後2時過ぎ、都内郊外の大型商業施設において重大死傷事故発生。死者69名、負傷者116名。未だ事故原因を特定できず――。次々に招喚される大量の被害者、目撃者。しかし食い違う証言。
 店内のビデオに写っていたものは? 立ちこめた謎の臭いは? ぬいぐるみを引きながら歩いてた少女の姿は? はたして、これは事件なのか、それとも単なる事故か?

 タイトルにあるように、とある集団パニック事件の関係者に対する質問と答えのみで語られていくという、ちょっと変わった構成になっています。なにか出来事があったとき、当事者の数だけ真実もあるのでしょう。中盤までは恩田陸版「藪の中」かなと思ってたんだけど、少しずつ真相めいたものが浮かび上がってきて最終的には事件の背景が掴めました。ぬいぐるみの血の謎も解決した(と思う)し。
 質問者がところどころ代わっていたり、そのシチュエーションも密室での極秘調査から事件地巡りツアーの案内人と参加者まで数々あるのがミソかな。おおもとの事件の直接の関係者だけでなく、二次的三次的関係者が次々と出てくることによって事件が立体的になった感じがします。
 前半と後半とでは、同じ質問と答え形式をとっていながらまったく違った展開になっていってそこが肝でもあると思うけれど、評価が分かれるのもまさにそこかも。私はこういう読後感が好きなのと、Q&Aのみで事件の真相に迫る構成が新鮮だったので評価もちょい高めです。

「これからあなたに幾つかの質問をします。ここで話したことが外に出ることはありません――。」(本文より)
2006.07.20 Thursday * 00:11 | 恩田陸 | comments(0) | trackbacks(2)

| 1/1Pages |