* スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.01.19 Wednesday * | - | - | -
* 『龍神の雨』道尾秀介
評価:
道尾 秀介
新潮社
¥ 1,680
(2009-05)

 雨の続く数日間の物語。実の両親を亡くした子供たち二組(兄妹/兄弟)が、それぞれ親の再婚相手と暮らしている。ともに家庭はうまくいっていなくて、親に敵意を抱いている。十九歳の蓮と中学生の楓。中学生の辰也と小学生の圭介。ある事件をきっかけに係わりあうことになる二組。

 長雨は昔から物思いに例えられてきたけれど、心象風景として日本人の中には雨に対する共通のイメージがある気がします。ここでは鬱々とした雨が、やがて決壊する子供達の鬱屈した感情と重なって見えました。じめじめと鬱陶しい反面、どこか緊張を孕んだ雨の描写。その時龍神は現れるのか、その場合龍神とはなんなのか、そこが気になって読み進めました。
 心の中に雨が降り続けていると、見えるはずのものも見えなくなるのかもしれませんね。登場人物たちはみな誰かを亡くした悲しみが晴れずにあって、まるで雨の日に傘が折り重なって先が見えなくなるように、悲劇へと進んでいってしまった気がします。

にほんブログ村 本ブログへ
【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集
JUGEMテーマ:ミステリ
2009.11.30 Monday * 23:52 | 道尾秀介 | comments(0) | trackbacks(0)
* 『花と流れ星』道尾秀介
評価:
道尾 秀介
幻冬舎
¥ 1,470
(2009-08)

「あなたがたが、私のやったトリックを見破ることができれば、私はもちろんお二人に、欲しいだけのお金をあげます。しかし、もし解答を見つけられなかったときは――」
 男は左手の人差し指を伸ばし、真備の胸元を真っ直ぐにさした。
「あなたの右手、消してもいいですか?」(「モルグ街の奇術」より)

 『背の眼』『骸の爪』に続く真備(まきび)シリーズの三冊目で、シリーズ初の短編集。読んでから気づいたけど、真備シリーズの前二作をまだ読んでませんでした。しまった。すっかり読んだつもりになってた。けれど、それらを未読でも特に差し障りなく楽しめました。
 死んだ妻に会いたくて霊現象探求所を構えている真備庄介とその助手の北見凛、そこに出入りしている真備の友人で売れないホラー作家の道尾秀介。彼らのもとに、さまざまな依頼人がやってくる形式です。店頭で見かけたとき、今までのシリーズ作の黒っぽい表紙と違った、白く美しい装丁にしばし見惚れました。タイトル文字もグラデーションがかかっていて綺麗。

■「流れ星のつくり方」
 海沿いの町で知り合った不思議な雰囲気の少年から、友達の両親が密室状態の家の中で殺された話を聞いた凛。友達が帰宅したとき犯人はまだ家の中に居たという。誰にも気づかれずに犯人はどうやって家の中から消えたのか――。
 タイトルも中身の構造も美しい話。なんていうか、全体的に澄んだ夜気をまとっているような雰囲気が漂っていて、哀切な終わり方が印象的でした。第59回日本推理作家協会賞短編部門の候補になったというのも頷けます。この話が最初にあることで、一気にこの本に集中することができました。

■「モルグ街の奇術」
 小さなバーで飲んでいた道尾と真備は、痩せて右腕の手首から先がない外国人に話しかけられた。彼はマジシャンで、自分がどうやって右手を消したのか見破る賭けを持ちかける。果たして、真備たちは男のトリックを看破できるのか――。
 いつもミステリを読むときは自分も一緒になってトリックや犯人を考えるんですが、今回この本の中で一番考えるのを楽しんだのがこの話でした。面白いとか愉快な話という類ではないんだけど、コナン・ドイルの話から始まってタイトルもポーの『モルグ街の殺人』からきているし、マジシャンも出てくるしで、妙にわくわくしました。
 そして、真備の推理が開陳された後の、背筋がゾワリとするような幕切れがとても好みです。この本の中で一番のお気に入り。やはり奇術師が出てくるミステリはいいなあ。

■「オディ&デコ」
 真備霊現象探求所に小学4年生の少女がやってきて、死んだ捨て猫の幽霊が自分が撮った動画に映っていると相談する話。
 肝心の真備が風邪でダウンしていて、道尾と凛が調べることになるせいか、どこかやわらかい雰囲気。しかし、可愛らしい中にもちらりとブラックな部分が覗きます。

■「箱の中の隼」
 三月半ばに真備霊現象探求所に顔を出した道尾は、忙しそうな真備と凛に相手にしてもらえず、そこに訪れた美しい女性に連れられて、とある宗教団体の見学に行くことになるのだが――。
 邪険に扱われる道尾がかわいそうだけど、どうも彼は真備や凛にあしらわれる役割のようで、人の良いところも含めて巻き込まれ型人間の典型のようです。
 宗教法人の内部の様子はもちろん、冒頭の真備たちとの遣り取りや描写までもが、最後になって効いてくるところなど「おお〜」と思わされました。

■「花と氷」
 誤って孫を事故で死なせてしまったと相談に来た老人を、数日後友人の披露宴の帰りに見かけた凛。老人はうってかわって明るく元気な様子で、公園で子供達になにか紙を配っていた――。
 この出来事の真相やトリックの内容もさることながら、凛と真備の関係にさらりと触れられた最後が印象的でした。それまであまり見せられなかった真備や凛の哀しみが最後の最後で出てきたので。
 
にほんブログ村 本ブログへ
【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集
JUGEMテーマ:ミステリ
2009.10.02 Friday * 20:08 | 道尾秀介 | comments(0) | trackbacks(0)
* 『カラスの親指 by rule of CROW’s thumb』道尾秀介
「他人の罪はよく見える。でも自分の罪は、背中にしょってるもんだから見えないんです」(「CROW/krou」より)

 妻を癌で亡くし知人の保証人となって借金を背負い娘まで亡くした武沢、浮気をした挙句に借金を作った妻に自殺されたテツ、借金の取り立てを苦に自殺した母親に置いていかれた少女まひろ。詐欺やスリで生計を立てていた彼らが出会い、共同生活を送るようになり、やがて自らの過去と訣別するためにある計画を企てる――。
 登場人物のうちのひとりの行動に早くから違和を感じていたので、何かあるなというのはわかっていたのですが、私が想像していたのはもっと救いのない悲惨な結末でした。そしたらスマートで後味の良い終わり方でびっくり(笑) 二転三転する構成はさすが道尾さん。タイトルがすべてを表していますね。登場人物たちの置かれた状況は悲惨なものだけど、全体を通してどちらかというと明るい雰囲気が漂っています。それも脳天気な明るさではなく、辛さに耐えた明るさです。
 逃げてばかりはいられない。ずっと抑えこんできたものを昇華させるために起こした彼らの行動は、果たして吉と出るか凶と出るか。コン・ゲームの話が好きな人にはオススメかな。

にほんブログ村 本ブログへ
【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集
JUGEMテーマ:ミステリ
2008.09.19 Friday * 01:08 | 道尾秀介 | comments(0) | trackbacks(0)
* 『ラットマン』道尾秀介
評価:
道尾 秀介
光文社
¥ 1,680
(2008-01-22)
「何か、思い違いをしていたんじゃないのかい?」(本文より)

 ええもう、道尾作品ではいつでもそうですけど、今回もうまくミスリードされて思い違いしながら読んでましたよ。
 アマチュアバンド内で起こった事故とも殺人事件とも取れる出来事。そして語り手であり主人公の姫川の過去に起こった姉の死亡事故。このふたつが平行して描かれ、片方の真相がわかった瞬間、もう片方の真相もまた明らかになります。う〜ん、相変わらず道尾作品は何を書いてもネタバレになりそうで突っ込んだことが書けないんですが、タイトルの付け方が上手いなあ。ちなみに「ラットマン」とは、前後の文脈によって同じ絵が別の物に見えるという心理学上の有名な絵のことです。いつも読者をミスリードさせ、最後の最後でそれまでの出来事をくるりと反転してみせる道尾作品自体が、トリックアートのようですね。私達は勝手に行間を読んだり、前後の文脈から合理的なストーリーを導き出したりしてしまいがちなのかもしれません。
 作品のキーワードは、「物真似」「家族」「合理化」というところでしょうか。読後、ちょっといい話な雰囲気が漂っていたのは意外。どうしても道尾作品だと思うと眉に唾して読み始めるんですが、疑いながら読み進めても少しずつ違う方向へ誘導されるのはさすが。けど、なんでしょう。どこかスースーした読後感なのは。ミステリとしては「やられた!」と思うのに、物語としてはあまり印象に残らない。ある程度のクオリティが補償されているから、ついハードルを上げて読んでしまっているのかなあ。

にほんブログ村 本ブログへ
【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集
JUGEMテーマ:ミステリ
2008.04.16 Wednesday * 20:06 | 道尾秀介 | comments(0) | trackbacks(1)
* 『ソロモンの犬』道尾秀介
評価:
道尾 秀介
文藝春秋
¥ 1,400
(2007-08)
「一度、ちゃんと話し合うべきなのかもしれない」
  (中略)
「この中に、人殺しがいるのかいないのか」(本文より)

 道尾さんの新作は、青春ミステリでした。
 主人公の秋内静(せい)は、自転車便のバイトに明け暮れる大学生。友人の京也とその彼女ひろ子、そしてひろ子の友人智佳の四人でよく共に過ごしていて、目下智佳に片思い中。じれったいくらい悶々とした恋する内面が描かれていますが、話の中では知り合いの小学生陽介が亡くなってしまった原因を探ることに奔走しています。陽介は秋内たちの大学の教員の息子であり、愛犬の暴走により交通事故に遭って亡くなってしまいます。なぜ犬は突然走り出したのか。それは本当に自己だったのか、誰かの企みによるものだったのか。

 相変わらず至るところに伏線が仕込まれていて、しかもそれが読んでいてちょっと引っ掛かるくらいの提示具合なのが上手いですね。まるっきり見過ごすわけでもなく、でも読んでいるときはその意図する本当のところには気づけない。道尾さんの本を読むときはつい身構えてしまうけれど、なんにも考えずに気持ちよく騙されるほうが楽しいだろうな。眉唾で読み進んでそれでも「やられた!」って思わされるのも、それはそれで楽しいけど。私は毎回「次は疑わずに素直に読もう」と思うのに、気がつくとあれこれ裏読みしながら読んでます。
 ネタバレになりそうであまり多くを語れませんが、読後感はよかった。実を言うと、かなり穿った読み方をしていて、秋内が実は●で京也は●●を●●で、それで智佳がこれまた●なんじゃないかとか思ってました。いやもう、まるっきり違ってたんで我ながら考えすぎだと呆れましたが(笑)
 秋内が犬の行動について知恵を借りに行く助教授の間宮という人物がいるんですが、彼のキャラクターがなかなかユニークでよかったです。今作だけでなく、もうちょっと彼の出てくる話が読みたいな。もしくは、京也を主人公にしても面白いんじゃないかなあと思います。彼の視点で書いたら、ちょっと変わった話ができるんじゃないかと。

にほんブログ村 本ブログへ
2007.10.27 Saturday * 01:13 | 道尾秀介 | comments(0) | trackbacks(2)
* 『向日葵の咲かない夏』道尾秀介
評価:
道尾 秀介
新潮社
¥ 1,680
(2005-11)
「誰だって、そうじゃないか」 (本文より)

 う〜ん、ネタバレなしで感想を書くのが難しい本ですね。
 一見ホラー要素のあるミステリと思わせて、実はホラーじゃないミステリ……かな。一部、生理的嫌悪感を感じるところもあります。もやもやとして読んでいて居心地が悪いような、「謎が解けてすっきり爽快!」というのとは真逆の方向性だってことは確かなんじゃないかと。謎が解けてなお考えさせられる。
 どうにも歯切れの悪い感想になっちゃうなあ。一言でいうなら「歪」というのが一番の印象でした。でもこれが歪なのか真っ直ぐなのかは、読む人によって変わるでしょう。
 嫌いじゃないんだけど、じゃあ好きかって聞かれたら手放しで好きだとは言えない。読んでいる間中、耳の奥でキイキイと不協和音が聞こえているような、そんな感じでした。作者に対してよくやったなあと感心する気持ちもある。ここまでやればあっぱれ! 傑作です。面白かったことは確か。けど、ちょっと不安になったりもする。いや、いいんだよね。ぐいぐい読まされました。物語の力を感じましたもん。途中でやめることが出来ずに一気読みでした。動物虐待、育児放棄、児童虐待、小児性愛などのキーワードが絶対に駄目だという人には薦められないかな。それほど露骨な描写はあまりなかったように思うけど。

 夏休み直前、主人公のミチオは担任の岩村先生に頼まれて、クラスメイトのS君のところへプリントを届けに行く。しかし、そこで見たのは首を吊って自殺しているS君の姿だった。泣きながら事情を伝えに学校へ戻るが、先生や警察が駆けつけたとき、そこにS君の死体はなかったという。
 その一方で、ミチオたちの住む町では口の中に石鹸を詰め込まれ、手足を折られた動物の死体が見つかる事件が相次いで起こっており、そのこととS君の死体消失との間になんらかの関連があるのではないかとミチオは思い始める。するとそこへ死んだS君があるものに姿を変えて現れて……。

 とにかく読んでみてくださいとしか言えない。
 感想の言い難さとは反比例して、文章は読みやすい。全体に蔓延している不思議で暗い雰囲気を分け入って、どんどんこの物語世界へ没入してみてください。終盤一気に物語が収斂していって、それまで予想していた結末とは違う方向から、作者に一撃を食らうことになるでしょう。
 カバー折り返しの部分に「ねえ、生まれ変わりって信じる?」という一文があるのですが、そこからもう作者の術中にはまっていくような気がしました。

 本ブログ 読書日記
2007.06.04 Monday * 17:25 | 道尾秀介 | comments(0) | trackbacks(0)
* 『片眼の猿』道尾秀介
評価:
道尾 秀介
新潮社
¥ 1,680
(2007-02-24)
《そう。お前、どうして犬は人間の数万倍も鼻が利くのか、知ってるか?》
《犬はな、鼻が大きいんだ。犬ってのは、顔の半分が鼻なんだよ》(本文より)

 探偵事務所『ファントム』を営む三梨は、ある大手楽器メーカーからライバル会社がデザインの盗用をしているのではないかという依頼を受け、調査をしていたが捗々しい成果は上がらない。ある時、偶然得た情報からサングラスをかけた女性をスタッフとして雇い入れ、調査対象の会社に潜入することにしたのだが結果は同じ。そんな中、その会社で起こった殺人事件を盗聴してしまい……。

 う〜ん、細かい伏線がこれでもかと散りばめられていて、それがラスト一気に明かされるのは面白いんじゃないかな。それに気づかなければ気持ちよく「騙された!」といえたと思う。だけど、私はかなり早い段階で主人公と彼のアパートの住人たちに関することには気づいてしまったので、楽しみが半減。更には三梨のもとを去って死んでしまった秋絵についても、三梨が秋絵の実家に泊まったあたりで気づいてしまったので、後半の肝ともいえる真相のひとつで盛り上がれなかった。残念。といっても、秋絵については100%分かったわけではないので、まったく楽しめなかったということじゃありません。
 ただ、メインであるはずの産業スパイ、二重スパイについてがなんだか薄ぼんやりとしていて印象に残らない。それよりも、主人公を含めた登場人物たちなどの周辺事情に関することのほうに筆を割かれていて煩雑な印象を受けてしまった。作者はとても神経を配った細かい仕事をしているのに、それが裏目に出ているというか……。騙しを楽しむことをメインにしているのなら、殺人事件がちょっと蛇足に感じられるし、三梨の調査内容がメインになるなら脇役たちが五月蝿すぎる。彼らを使ってシリーズ化するというのなら、これは登場人物たちのお披露目の巻ということでしょうがないかな、とも思うけどシリーズ化するわけじゃないですよね?
 道尾秀介という作家に対する期待が大きく、ハードルも高く設定していたので、その分「あれ…?」という読後感。いや、普通に面白く読めたんだけど、彼ならもっとなにか「おお!」と唸るものを読ませてくれると思っちゃって。ミスリードを誘う手法は上手いので、次作に期待。
2007.05.22 Tuesday * 12:47 | 道尾秀介 | comments(0) | trackbacks(3)
* 『シャドウ』道尾秀介
シャドウシャドウ道尾 秀介 東京創元社 2006-09-30売り上げランキング : 1051おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools

 人間は、死んだらどうなるの?―いなくなるのよ―いなくなって、どうなるの?―いなくなって、それだけなの―。その会話から三年後、鳳介の母はこの世を去った。父の洋一郎と二人だけの暮らしが始まって数日後、幼馴染みの亜紀の母親が自殺を遂げる。夫の職場である医科大学の研究棟の屋上から飛び降りたのだ。そして亜紀が交通事故に遭い、洋一郎までもが…。父とのささやかな幸せを願う小学五年生の少年が、苦悩の果てに辿り着いた驚愕の真実とは?(「BOOK」データベースより)

 父親同士、母親同士が学生時代からの友人で、しかもその子供たちも同級生という我茂家と水城家。小学生の我茂凰介の母の葬儀から物語は始まり、続いて水城亜紀の母親が投身自殺を遂げてしまう。親しい者たちの相次ぐ死と亜紀の交通事故に、なにか不穏なものを感じて読者は読み進めることでしょう。亜紀の母の自殺はその原因がよくわからず、それが明らかになったとき物語も終わるのかと思っていたら、次々に気になる出来事や伏線らしきものが現れて、語り口はひっそりとしているのに妙に続きを読みたくさせられて、途中で本を置くことができなくなりました。
 母親を亡くしたふたりの子供が一番拠り所とする父親たちにもまた、なにやら全幅の信頼を置けないものを感じさせられて……。と、感想をひとことで言うのはなかなか難しいんですよね。う〜ん。下手に話すとネタバレになってしまいそうだし、「まあ、とにかく読んでみて」と薦めるのもちょっと躊躇われるような。
 細かい伏線があちこちにあって、読み終えた後に、あれはああだったんだな、私はあそこで作者に騙されたんだな、とチェックするのも楽しいかも。ラストで物語が反転する面白さは味わいました。
 読後感はそう暗くなく、かといって爽やかなものでは決してなく。なんでしょうね、上手く言えない。けど、嫌いじゃないです。好きかと言われると、まだよくわからないって感じかな。道尾さんの他の作品も全部読んでみよう、という気持ちにはなりました。
2006.12.14 Thursday * 20:02 | 道尾秀介 | comments(2) | trackbacks(3)

| 1/1Pages |