* スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.01.19 Wednesday * | - | - | -
* 『WILL』本多孝好
評価:
本多 孝好
集英社
¥ 1,680
(2009-10-05)

 死者は一人で起きたりはしない。生き残ったものが死者を起こすのだ。(Act.1「空に描く」より)

 『MOMENT』が好きでそこから本多さんの作品に入った身としては、その続編にあたる作品が出ると聞いて「そりゃ絶対買わなくちゃ!」とめちゃめちゃ楽しみにしていました。『MOMENT』が大学生の神田が主人公で死にゆく人々の最後の願いを聞き届ける役割を果たしていたのと対になるように、本作では神田の幼馴染・森野が葬儀社の人間として人が亡くなった後の遺族の話を聞く立場。作中の時間経過も前作から7年後の世界。神田も学生ではなくなり、森野との仲も変化していました。連作短編でひとつの長編になっています。

■「空に描く」
 両親を亡くし葬儀社を継いだ森野の許へ、高校時代の同級生・佐伯杏奈が父の葬儀を頼みにやってきた。滞りなく葬儀を終えた後日、再び杏奈が現れて甥っ子が父の幽霊を見たらしいと話し始める。

■「爪痕」
 既に葬儀を終えた人物の葬儀を、喪主ではない女性からもう一度自分を喪主としてやり直して欲しいと依頼された森野。彼女は一体何者なのか。故人との関係は。

■「想い人」
 森野の前に有吉里子という老婦人が現れ、15年前に森野のところで葬儀を執り行った夫の生まれ変わりに出会ったと相談にきた。相手は15歳の少年で、里子と夫しか知らないようなことを老人のような口調で話すという。森野は里子が騙されているのではとその少年について調べることにする。

■「空に描く(REPRISE)」
 再び佐伯杏奈がやってきた。葬儀からもう随分経つというのに、今になって母親が毎日泣き続けているという。少しおかしくなってしまったのか、それとも件のことでなにか思うところがあるのか。森野はもう一度杏奈の父親について調べることにする。

 お気に入りは「想い人」かな。
 随所に本多節ともいえる本多さんらしい文章や言い回しがあって、楽しめました。全体を通して神田と森野のじれったい関係が描かれていて、読んでいて「もうごちゃごちゃ考えないで神田のとこ行けよ!」と何度思ったことか(笑)

にほんブログ村 本ブログへ
【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集
JUGEMテーマ:読書
2009.12.18 Friday * 22:08 | 本多孝好 | comments(2) | trackbacks(0)
* 『チェーン・ポイズン』本多孝好
評価:
本多 孝好
講談社
¥ 1,680
(2008-10-30)
「人はみな孤独です。誰だって一人分の孤独を抱えている。そんなものに重いも軽いもない。等しく一人分の孤独を、みんな抱えているんですよ。一人分の孤独になら耐えられる。そういう耐性を人間は備えているはずです」(本文より)

「本当に死ぬ気なら、一年待ちませんか? 一年頑張ったご褒美を差し上げます」
 そんな話を持ちかけられた死に焦がれるひとりの女性と、その一年後に連続自殺事件を追う週刊誌記者の話。ふたりの視点で交互に語られていく物語は、果たしてひとつに繋がるのか。それとも平行したままなのか。女性は先にある死に向かって日々を過ごし、記者は死から遡って自殺者たちの生きた姿を追う。この構成も面白いですが、最後まで読むとあっと言わされてもう一度読み返したくなります。そしてそこを抜きにしても、ふたつの視点で書かれるそれぞれの話の続きが気になって一気読みしました。

 「死にたい」と「死んでもいい」は似ているようで大きく違う。
 一年後に自殺する決意をした女性はその日まで絶望したままなのか、なにかしらの救いを見つけられるのか。記者は彼らの自殺の謎を突き止めることが出来るのか、そこにはどんな繋がりがあるのか。それと、記者自身の自分の仕事に対する罪悪感は加重されていく一方なのか、軽減される出来事があるのか。大きく見ればテーマはひとつに絞れるでしょうが、読みようによって、あるいは読む人によって、いくつものテーマが織り込まれているように思いました。読んでいる自分は彼女の死を見届けたいのか、どこかで救われることを望んでいるのか。常に、対になったふたつの考えを持って場面場面を読み進んでいきました。装丁もそれを表しているように、外側は黒くて中の紙は真っ白。

 読み終わったとき、登場人物が知らない「希望」がそこにはあって、それを知っているのは作者と読者だけ。それって、現実世界の自分達を見ているような気にもさせられました。自分が気づいていないからといって、世の中にまったく救いがないわけじゃない。それはぼんやりしていてはわからなくて、本気で行動を起こしたときに巡り巡るものなのかも。
 タイトルの『チェーン・ポイズン』も、話の中に出てくる毒物が巡る様子の他に、孤独や絶望もまた人を死に至らしめる「毒」だと、ふたつの意味をかけてあるのかな。

 『正義のミカタ』では「正義」の捉え方を、そしてこの『チェーン・ポイズン』では「生と死」あるいは「絶望と希望」について考えました。ホスピスや死刑制度について触れている部分も多少あるのに、ちっとも鬱陶しくないしウェットな泣かせに走るでもない。面白かったなあ。オススメです。

にほんブログ村 本ブログへ
【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集
JUGEMテーマ:ミステリ
2009.02.05 Thursday * 21:58 | 本多孝好 | comments(0) | trackbacks(2)
* 『正義のミカタ〜I'm a loser〜』本多孝好
評価:
本多 孝好
双葉社
¥ 1,575
(2007-05)
 ここで僕が反撃したら、あなたの正義が正しいことになってしまうから。そんなことだけは、絶対にしないんだ。今の僕にできることはそれだけしかないけど。それだけしかないから。だから、そんなことは絶対にしてやらないんだ。(本文より)

 面白かった! 400頁以上あるこの本を一気読みしました。
 これまでの本多さんらしい静かで端正な雰囲気と文章は、今回影を潜めています。主人公が超のつくいじめられっこで、物語がすべて彼の一人称で語られているのでいたしかたなし。けれど、また本多さんのあの雰囲気のある文章を読みたいなあ。

 さて、この話の主人公蓮見亮太は高校三年間をいじめられ続けて過ごしました。具体的な描写はほとんど出てこないけれど、ちらりちらりと見えるそのいじめは悲惨なものであったと想像されます。それほどのいじめに遭っても、亮太の語りはどこか淡々としていて卑屈にならず、読者に重苦しい湿り気を感じさせません。だから読みやすかったし、大学へ入ってからの出来事がコミカルに感じたりもしていました。「正義の味方研究部」(略してセイケン)に入部し、そこでの活動が描かれている場面は爽快ですらあった。
 でも、中盤で正義の味方研究部の潜入捜査を始めたあたりから、いじめやリストラ、留学生問題、格差の生じている今の社会体系についてなど考えさせられるようになり、それが今までいじめを受けてきたいわば“弱者”である亮太の目から見た問いかけと迷いであるがゆえに、「正義とはなんぞや」ということをこっちも深く考え込んでしまいました。もうそこに至るまでに、亮太の物の見方や考え方に私が視点を添わせて読むようになってたんですよね。だから亮太に同化するようにして迷ってしまった。
 だって、学内で密かに進行していた悪事に関与していたある人物が、私にも亮太にも悪人だと断言できなかったんですもん。確かに悪いことをしている。けど、嫌いではない。思わず同調してしまいそうになる部分も少しある。まるでそう、『DEATH NOTE』を読んでいるときの、夜神月に対する気持ちと似ています。カリスマ性を持つ人間に惹かれるタイプって二種類あるかな。自分も一緒になって世界を変えたいと思うタイプと、自分の無力さを充分知っているからその人のすることを見ていたいと思うタイプ。まだ見ぬ地平に連れて行ってくれるなんて言われたら、ぐらっときちゃいますよねえ。現状に不満を持っている人間なら、つい流されそうになってしまうと思うんです。ましてやそれまで虐げられていた亮太なら尚更。
 そう思って読んでいたので、この決着のつけ方が私は気に入ったというか、納得がいったんです。亮太の強さも感じたし、亮太や亮太の父親のような恰好悪いやり方で生きていく人肌の温かさみたいなものも感じました。
 正義の味方研究部の活躍譚にしておけばこの先シリーズ化もあっただろうに、そうしなかった本多さんの青臭さみたいなところにも好感が持てました。思えば本多さんの書く主人公たちって、みんなどこか青臭さが抜けない気がします。そこが魅力でもあるかな。

 正義を語るのに資格はいらないはず。だけど、どこまで人は公明正大にそれを語ることができるでしょう。やった側にはやった側の、やられた側にはやられた側の見方がある。自分の事情や感情で物事は善にも悪にもなるものです。絶対悪というのは存在するのか。自分の正義と、他人や社会の正義とではどれほどの開きがあるのか。タイトルにある「ミカタ」という言葉のダブルミーニングを、読後しばし考えてみたりしたのでした。

 本ブログ 読書日記
2007.07.02 Monday * 13:26 | 本多孝好 | comments(2) | trackbacks(1)

| 1/1Pages |