* スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.01.19 Wednesday * | - | - | -
* 『彩雲国物語 藍より出でて青』雪乃紗衣
彩雲国物語 藍より出でて青彩雲国物語 藍より出でて青雪乃 紗衣 角川書店 2006-03-31売り上げランキング : 3141おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools

 会試直前の王都に、天才・藍龍蓮がやってきた!自由人な彼のキテレツな振る舞いに、兄の楸瑛は大迷惑。しかし周囲の声なんて気にもせず、龍蓮が「心の友」(=秀麗と影月)のために巻き起こした大騒動とは!?(「王都上陸 龍蓮台風!」)ほか、恋する男女が想いを伝える「秋祭り」に起こった不思議な事件、龍蓮の茶州トンデモ観光案内で、秀麗たちもおおわらわな新作書き下ろしを収録。超人気シリーズ、お得感満点の外伝登場。(「BOOK」データベースより)

 なんか、彩雲国と少年陰陽師の感想ばかり書いてる気がする。
 さて、これは番外編の短編集。表紙は、秀麗と影月をがしっと抱き寄せている龍蓮。内容もそのまんま、龍蓮フェア開催中!といった感じでした。龍蓮贔屓な私には、嬉しい特盛りパックとでもいいましょうか(笑)
 龍蓮はいつものように天上天下唯我独尊で、飄々としていて、奇天烈で、そして本当に友人思いなやつでした。ただ、表の顔ばかりではなく、兄・楸瑛とふたりで過ごす邸宅の夜のやりとりなどは、彼の淋しさや孤独をちらりと覗かせていて、これでまた私の中で龍蓮株が上がっちゃいました。以前、彩雲国の感想の中で龍連と黎深とにどこか似たものを感じると書いたことがありますが、やっぱりこのふたりは似たものを持っています。性格は正反対といってもいいけれど。天才を人の世に繋ぎとめておけるのは、友人なんですね。
 いやー、それにしてもこの物語はどいつもこいつもブラコンだなー、とはいつも思っていたんですが、藍家の兄弟たちもなかなか甘いお兄ちゃんでありました。他所に比べたらずっとまともだけど(笑)
2006.10.23 Monday * 20:52 | ライトノベル | comments(0) | trackbacks(0)
* スポンサーサイト
2011.01.19 Wednesday * 20:52 | - | - | -
Comment









Trackback URL
http://12key.jugem.jp/trackback/115
<< 『彩雲国物語 光降る碧の大地』雪乃紗衣 | main | 寒〜い >>