* スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.01.19 Wednesday * | - | - | -
* 『彩雲国物語 緑風は刃のごとく』雪乃 紗衣
彩雲国物語―緑風は刃のごとく彩雲国物語―緑風は刃のごとく雪乃 紗衣 角川書店 2006-09-30売り上げランキング : 2001おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools

 謹慎が解け、ヒラ官吏(冗官)として王城に復帰することになった紅秀麗。しかし彼女を待っていたのは、「一ケ月以内にどこかの部署で使われなければクビ」という、冗官たちへのキツイ解雇宣告だった!!「官吏でありたい!」と頑張る秀麗だったけど、他のダメダメ冗官たちの面倒まで見るハメになり!?(「BOOK」データベースより)

 これまではちやほやされている秀麗のことを「まあ、主人公だし、読者が自己投影してわくわくどきどきするお話だし」と一歩引いて読んでいたわけですが、前巻からの新章は今までもてはやされていた秀麗の素直さを「官吏としては到底やっていけない甘さ」だと一刀両断してくれる気持ちのいい展開です(笑)
 秀麗がモテまくって、みんなに優しくしてもらえて、頑張って出世するのを楽しみに読んでいる人には、辛い巻ですね。「紅梅」も「緑風」も。でも私には気持ちよかったー。ずっと心の中で「誰か言ったれや…」と、もやもやしていたので、ようやくびしっと軌道修正してくれたわ、という感じです。今までの秀麗は、理想に燃え夢に向かって邁進するばかりで、そのままでは到底魑魅魍魎跋扈する伏魔殿(朝廷)ではやっていけないだろうと思ってたんで。けど、このティーンズ向けレーベルではちょっとそこまでシビアなことを要求するのも酷というものかな、という気持ちもありました。まあ、秀麗がモテまくりな件に関しては、賛否両論あったみたいだけど。
 今回の件で、秀麗はただ理想論と正義を振りかざすばかりでは駄目なんだということに気づかされましたし、180度価値観の違う好敵手も登場したしで、物語にぐんと弾みがついたんじゃないでしょうか。高く飛び上がる前の深いタメの巻ですね。
 それと今回も新キャラが続々と登場。冷血だの腹黒だの言われそうな某部署のお二方。私は彼ら側の人間らしく、ちっとも人非人だとは思わず「まったくだよね」「そうそう」と頷いて彼らの言い分を読んでました(笑) それからタンタンこと蘇芳が随分と重要なキャラになりそうな感じ。彼の脱力系なところと、しっかり見る目は持ってるところのバランスの良さがいいです。今までは顔良し、家柄良し、頭脳良し、と三拍子揃ってるキャラばかりだったので、こういう悪く言えば後ろ向きな、良く言えば瀬戸際を見切ることのできるキャラは貴重だと思います。
 あとは、双花菖蒲と劉輝の関係がどうなるのかが、とても気になります。実は秀麗よりも、劉輝とその腹心たちの朝廷内部の遣り取りのほうを楽しみに読んでいるので。
2006.11.20 Monday * 21:08 | ライトノベル | comments(0) | trackbacks(0)
* スポンサーサイト
2011.01.19 Wednesday * 21:08 | - | - | -
Comment









Trackback URL
http://12key.jugem.jp/trackback/180
<< ボジョレー?ボージョレ? | main | お弁当作り >>