* スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.01.19 Wednesday * | - | - | -
* 『狐笛のかなた』上橋菜穂子
 祝、文庫化記念!
 ということで、以前のブログに載せていた感想の再アップです。
狐笛のかなた狐笛のかなた
上橋 菜穂子

新潮社 2006-11
売り上げランキング : 51035
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 ひとの思いが聞こえる「聞き耳」の才を持つ少女・小夜が幼い日に助けた子狐は、恐ろしい呪者に命を握られ「使い魔」にされた霊狐だった。森陰屋敷に閉じ込められた少年・小春丸、そして小夜と霊狐・野火。彼らの運命は?

 いつのどの時代とは書かれていないものの、日本人なら誰でもがきっと心の奥底に持っていそうな原風景、なだらかな山肌豊かな緑心地よいせせらぎを聞かせてくれる小川、胸いっぱいに吸い込んだ草木の匂い、そんな風景がこの本を読んでいると目の前に広がります。それは美しくて、どこか懐かしい場所。
 はじまりは、強欲な一人の領主が弟の土地を奪ったこと。それにまつわる恨みつらみが、子の世代さらにまたその子の世代へと連綿と受け継がれ、もはや絡まりあった毛糸玉のごとく解すことなど不可能に見えますが、そう思っているのは実は当事者たちだけで。恨みの元になったものを相手へ返せばよい話。けれどそう簡単にはいかぬのが、人の感情というものですよね。親が受けた仕打ちを、殺された者を、思う心が相手をまた憎む。わかっていながら止められぬ。その様子がとても歯痒いです。
 そんな中で、小夜と野火が命をかけて互いを守る姿にじんわりと涙腺を刺激されました。途中からもう、話の大局よりも野火は死ぬのだろうか、小夜は自分の力で野火への思いをまっとうできるだろうか、とそればかり考えてページを繰り続け、ラストシーンでじわじわじわっと。
 物語における民俗、社会、人の心の描写がとても丁寧に書かれていて、著者の代表作と言われている「守り人シリーズ」も是非読みたいと思いました。ちなみに「狐笛」とは、呪者が霊狐の魂を封じ込めた笛のこと。
2006.11.30 Thursday * 14:01 | 上橋菜穂子 | comments(0) | trackbacks(0)
* スポンサーサイト
2011.01.19 Wednesday * 14:01 | - | - | -
Comment









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
<< ゲーム検定 | main | 今日のチェック本 >>