* スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.01.19 Wednesday * | - | - | -
* 『おうちなのね』中川ひろたか(著)、100%ORANGE(イラスト)
評価:
中川 ひろたか
ブロンズ新社
¥ 893
(2004-09-01)
 ひとりの女の子が、地面に四角い線を描いて“ごっこ遊び”を始めました。
「おうちなのね」と。
 その中にくまさんを置いて一緒におままごとのようなことを続けていきます。
「ごはんつくってるのね」
「いただきます」
「おでかけなのね」
「いってきます」
 お買い物をして、窓も描いて、くまさんにご飯を作って、ドアも描いて、お出かけしたら雨が降ってきちゃった。だから屋根も描いて……すると、あらら? おうちがほんとのおうちになっちゃった!?

 意外な結末が楽しい絵本でした。
 小さい子がごっこ遊びをしていく様子が可愛くて、衝撃の結末にびっくり&ほっこりといった感じ。いつの間に〜? っていうか、くまさん! キミもぬいぐるみかと思ってたらいつの間に(笑)
 読後「〜なのね」という語尾が頭に残ります。
2007.02.18 Sunday * 01:48 | 絵本・児童書 | comments(0) | trackbacks(0)
* スポンサーサイト
2011.01.19 Wednesday * 01:48 | - | - | -
Comment









Trackback URL
http://12key.jugem.jp/trackback/246
<< 『のだめカンタービレ (17)』二ノ宮知子 | main | 『もったいないばあさん』作・絵 真珠まりこ >>