* スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.01.19 Wednesday * | - | - | -
* 「実写映画 テニスの王子様」
評価:
本郷奏多,許斐剛,アベユーイチ,城田優,RIKIYA,載寧龍二,岩田さゆり,島谷ひとみ,岸谷五朗,羽原大介
松竹
¥ 3,701
(2006-09-28)
 テニスの名門校・青春学園中等部に編入してきた天才テニス少年・越前リョーマ(本郷奏多)。そのクールな態度は実力とユニークな個性を併せ持つテニス部の面々の反感を買うが、圧倒的プレイで補欠レギュラー入りするが、その後手塚と対戦して負けてしまう。やがて青学は関東大会で宿敵・氷帝学園と対戦するが…!(Amazonの紹介より)

 この前WOWOWでやっていたので見てみました。いやーなんというか、いろいろとすごかった。この手の映画では、キャストの演技が下手クソなのは触れちゃいけないですよね、やっぱり。それを抜きにしても、なんだかもういろいろとポカーンとするような映画でした。「少林サッカー」とかそこらへんの映画のノリ。
 少年ジャンプを読んでいるので、一応テニプリは内容を知っているわけなんですが、それでもついていけない話の端折り方でした。原作知らない人はさっぱりわけわからんのでは? あの失語症の女の子は出す意味あったんだろうか。彼女が出てくることでストーリーになにか変化があるわけでもなく、彼女と彼女の兄のエピソードも中途半端でいらないものに見えましたね。
 キャスティングは随分頑張ってたと思います。できるだけ原作キャラのイメージに近づけようというところは見えた。一番嵌っていたのは、予想に反してリョーマの父親役をやった岸谷五朗氏でした。原作とはまた違った魅力的な役作りだったなあ。
実写 テニスの王子様@映画生活
2007.04.03 Tuesday * 17:16 | 映画 | comments(0) | trackbacks(0)
* スポンサーサイト
2011.01.19 Wednesday * 17:16 | - | - | -
Comment









Trackback URL
http://12key.jugem.jp/trackback/277
<< 『一瞬の風になれ 第一部 イチニツイテ』佐藤多佳子 | main | 第4回本屋大賞発表 >>