* スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.01.19 Wednesday * | - | - | -
* 『サイン会はいかが? 成風堂書店事件メモ』大崎梢
「こんにちは、名探偵さん」
 蔵本に声をかけられ、多絵はにこやかに付け足した。
「本屋限定ですよ」 (本文より)

 「成風堂書店」シリーズの三作目。乗ってますねえ。二作目は長編だったけど、今回は一作目と同じ形式に戻って短編集。このシリーズは日常の謎がメインだから、あんまり引っ張らずに短編でさくさく読めるほうがテンポ良く感じますね。
 収められた話は、同じ本を四人の客が注文するが連絡をするとみなそんな注文をした覚えがないという話や、小学校の社会科見学でやってきた男の子がとる奇妙な行動の謎、バイトの金森君が恋をした話、書店員と年配の常連さんとの交流など。

 一番読みごたえがあったのは、表題作である「サイン会はいかが?」。サイン会が決定してから当日終了するまでの様子が活写されていて、イベント時のわいわいがやがやした感じがとてもよく伝わってきました。

 ある人気ミステリ作家がサイン会を開く際に条件を出した。「この暗号を解読でき、またこの文章を作った<レッドリーフ>と名乗る人物がどこの誰なのか、見事解き明かしてくれる店員のいる書店で開きたい」と。

 肝心の暗号はこのミステリ作家の著作を知らないと解けないもので、それは読者に提示されないので、読んでいるほうは探偵役の多絵ちゃんが解いてくれるのを待つのみとなります。せっかくの暗号モノなので、読者に解くチャンスを与えて欲しかったな。でもまあ、あれだけのタイトル数を自然に話の中に織り込ませるのは無理か。
 暗号が解けた後からが本題で、犯人は誰なのか、なぜこのミステリ作家にこういうものを送りつけてくるのか、ちょっと強引な持っていき方だとは思うけど、<レッドリーフ>の正体がわかる瞬間はちょっとドキドキさせられましたね。ミステリ作家と<レッドリーフ>との遣り取りとか。このミステリ作家は、落としてきてしまったものを上手く拾い上げられると良いなあ。
 密かに、この話でたいぶ出番が増えた文庫担当の内藤さんが好きです。いい人で終わるな!(笑) 杏子さんとロマンスが生まれたりしたら面白いのに、なんてことも考えてました。ならないかなあ。多絵ちゃんには「ちゃん」付けなのに、杏子さんは「木下さん」て苗字で呼ぶところとか、ちょっと意識してるのかな〜?と思ったんだけど。駄目ですかね。堅実で実務が有能なところとか、口数少ないところとか好きなんですけど、杏子さんが彼を意識する日はこないでしょうか。いや、そもそも内藤さんが杏子さんを意識してるとも限らないんだけど。

 あ、それと。作中でちらっと出てきた成風堂で発行しているフリーペーパー「成風堂通信」がおまけでついてました。A4判の薄緑の紙。実用書担当の福沢さんのコーナーとか、文庫担当の内藤さんのイチオシ本とか、読んでいて楽しい〜。そして、大崎さん名義の特別掌編「落とし主は誰?」が載っていたのでちょっと得した気分。大崎さんの今後の予定なんかも載っていて、他出版社のことも普通に書いてある創元社の心の広さを感じました(笑)

【収録作】
 取り寄せトラップ/君と語る永遠/バイト金森くんの告白/サイン会はいかが?/ヤギさんの忘れもの

【このシリーズの感想】
 配達あかずきん 成風堂書店事件メモ
 晩夏に捧ぐ 成風堂書店事件メモ(出張編)

 本ブログ 読書日記
2007.06.13 Wednesday * 20:58 | ミステリ・フロンティア | comments(2) | trackbacks(3)
* スポンサーサイト
2011.01.19 Wednesday * 20:58 | - | - | -
Comment
こんばんは。
これまでトラバのみで失礼しました(汗)。
コメントいただいて、ありがとうございます。
杏子さんと内藤さんのロマンス!面白そうですね。
シリーズが長期化するとありえるかも、です(笑)。
次の作品も楽しみですね。

これからも、よろしくお願いいたします。

 
| 藍色 | 2007/06/29 12:56 AM |
こんにちは。
こちらこそ、いつもTBを返すばかりで失礼しています。
よろしくお願いいたします。

内藤さんが贔屓の私はもっと彼の出番を〜!と、杏子さんとのロマンスを(心の中で)画策してるんですが、どうでしょうね(笑)
次回作が楽しみであります。
| たかとう | 2007/07/02 1:29 PM |









Trackback URL
http://12key.jugem.jp/trackback/325
サイン会はいかが?成風堂書店事件メモ 大崎梢
東京創元社ミステリ・フロンティア。COVER PHOTO:(c)WONDER WARKZ。BOOK DESIGN:岩郷重力+WONDER WARKZ。 しっかり者の書店員・木下杏子と勘の鋭いアルバイト・西巻多絵が様々な謎に取り組む本格書店ミステリ、好評シリ
| 粋な提案 | 2007/06/28 12:41 AM |
サイン会はいかが?<大崎梢>−(本:2008年10冊目)−
サイン会はいかが?―成風堂書店事件メモ 出版社: 東京創元社 (2007/04) ISBN-10: 4488017398 評価:80点 (ネタバレあります) 成風堂書店シリーズ第3作目。 2作目の長編から、短編集に戻っている。 今の著者の筆力・構成力というところからは、短編集のほう
| デコ親父はいつも減量中 | 2008/01/14 10:49 AM |
「サイン会はいかが?―成風堂書店事件メモ」大崎梢
「サイン会はいかが?―成風堂書店事件メモ」 大崎 梢 東京創元社 2007-04 勝手に評価:★★★★☆  同一書籍に四件の取り寄せ依頼。ところが連絡を入れると、四人が四人ともそんな注文はした覚えがないと……。「ファンの正体を見破れる店員のいる店でサイン会を
| Chiro-address | 2008/01/25 10:32 PM |
<< 『夜は短し歩けよ乙女』森見登美彦 | main | 『はじめての甲子園 1』火村正紀 >>