* スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.01.19 Wednesday * | - | - | -
* 『図書館危機』有川浩
評価:
有川 浩
メディアワークス
¥ 1,680
(2007-02)
 あたしたちが被るのは泥じゃない。
 図書隊が被るのは血なのだ―― (本文より)

 毎回毎回、読み始めは主人公の笠原にイラッとして「駄目だ……やっぱり私は笠原に馴染めない」と思う。もし彼女の同僚だったら、チクチクと嫌味でも言って「なんなんだあいつ!ムカつく〜!」とか叫ばれていたことだろう。そして柴崎に後からサックリ仕返しされちゃうことだろう。そんなことを思いながら読んでいる。けど、途中からそれがだんだん薄れていって、佳境に入ることには笠原の行動に心動かされてたりするのだ。
 こんな感じで読み進めること三巻目。今回は図書隊にとってとても大きな出来事が起こる。が、それはひとまずおいといて。巻頭から中盤にかけて前巻から引きずっているラブコメ要素がこれでもかと繰り広げられて、そこらへんは甘酸っぱいというかこっぱずかしいことこのうえない。実はこのラブコメ要素が苦手なので「うおぉぉ……」と悶絶しまくっていた。誰か、誰か塩持ってきて! この口からザーザー吐き出される砂糖を止めて!
 堂上と笠原、小牧と鞠江ちゃん、手塚と柴崎、玄田と折口。それぞれの話が出てきて、図書特殊部隊はなにやら落ち着かない。表面上はいつもどおりだけど。前巻で手塚と柴崎は良いコンビになると書いたけど、まさか本当にこういう微妙な雰囲気になるとは……。有能なくせに不器用なこのふたりは、堂上&笠原コンビよりもずっと応援したくなる。あっちはほっといてもラブラブなんで(笑)

 あとがきによると、あと一巻でこのシリーズは終わるそうな。あと一冊で終わるのか?というのが正直な感想。この戦いは一朝一夕で終わるもんでもないだろうし、これまで流された血の遺恨もすぐに消えることはないだろう。次の巻で大団円を迎えるとは考えにくい。前向きなエンディングにはなるだろうけれど。
 それよりも、ここまで触れずにきていた「メディア良化法」を通した側の信念や思いというのも、是非書いて欲しいな。やや、図書隊側からの一方的な勧善懲悪物語になってきているから。「メディア良化法」を立案した側にも相応のなにかがあってのことだろうし。

 「第三章 ねじれたコトバ」から話はシリアスなモードに入り、放送禁止用語に指定されている言葉をめぐっての問題が出てくる。「床屋」や「魚屋」「八百屋」が軽度の放送禁止用語になっているのは、なにかで聞いたことがある。けれど、どうしてそれが放送禁止用語とされたのかは知らない。そういや「町医者」って言葉も、今は「開業医」って言い換えられてるなあ。なにがいけないの? 配慮によるものだったはずが、当事者からすれば逆差別になっているという実態。それに異議を唱える人々(民間人)が初めて出てくる展開には目が離せなかった。明るい展望ではないかもしれないけれど、なによりも悪いのは無関心でいることだと思うので、嚆矢が放たれただけでも大きな一歩だ。

 そして物語は佳境を向かえ、「日野の悪夢」を思わせるほど苛烈な戦いが起こる。この第五章はもう、ひたすら頁を繰り続けて一気に読んだ。戦いの収束、図書隊の徽章にカミツレの花があしらわれていることの意味。稲嶺司令好きとしては、カミツレにこめられた思いにうるっときた。花言葉は初めて知ったけれど、優しげな花姿からは想像もつかない意味があったんだなあ。

【このシリーズの感想】
 『図書館戦争』
 『図書館内乱』

 本ブログ 読書日記
2007.06.19 Tuesday * 22:48 | 国内その他 | comments(4) | trackbacks(6)
* スポンサーサイト
2011.01.19 Wednesday * 22:48 | - | - | -
Comment
こんにちは。
あ、こちらにもラブコメに悶絶されてる方が(笑)。
私も図書隊のメンバー(同僚)になりきって読んでたりしました。
カミツレにこめられた思い、深かったですよね。
そして次はカミツレ(カモミール)デート、楽しみです。
トラバさせていただきました。
| 藍色 | 2007/07/09 10:32 AM |
こんにちは。
そうなんです、この甘々ラブコメに毎度悶絶させられてます(笑)
でも読んじゃうんですけど。
カミツレに関するエピソードは、なんというかこれまで想像もしていなかった深いものだったので、その分ズシリと重みが感じられるものでしたね。
TBありがとうございます。こちらからも貼らせていただきました〜。
| たかとう | 2007/07/17 2:55 PM |
 こんにちは♪
 TBどうもありがとうございました。

 カミツレにこめられた思い、
 私もウルッときました。

 次巻でどう収拾つけるんでしょうねぇー。
 楽しみでもあり、寂しくもあり、って感じです。
| miyukichi | 2007/08/05 5:30 PM |
こんにちは。
次の巻でいよいよ終わるようですが、ほんとにどう収拾つけるのか。笠原と堂上の他にも、手塚と柴崎とか気になる人たちはいるんで、全部上手くまとまるのか気になりますねー。
| たかとう | 2007/08/06 12:42 PM |









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
「図書館危機」を読む
「図書館危機」有川浩/著(メディアワークス刊)図書館危機なにはともあれ、玄田隊長!!今回は、コレにつきます。(-.-)中盤から後半にかけては、隊長のかっこよさはハンパないね。いや、ホント。心臓に悪いわ〜〜〜。折口さんに、あんまし心配かけんようにね。(^_^;)
| 怪鳥の【ちょ〜『鈍速』飛行日誌】 | 2007/06/19 11:58 PM |
『図書館危機』有川浩
シェアブログ1152に投稿 うふふふ。もはや得意技なのか。 先日堂上&郁が夢に出てきました!! 残念ながら彼らのカラミではなかったのですが、 私は郁とふたりで夜景を見にいったんですよ〜。 (郁に夜景…ってなんかガ
| 道草読書のススメ | 2007/06/20 4:51 PM |
「図書館危機」 有川浩
相変わらずのノリで展開される「図書館戦争」シリーズの三冊目。二冊目を読んでからす
| あらまの日々 | 2007/06/29 2:26 PM |
図書館危機 有川浩
イラストは徒花スクモ。書き下ろし。 有川浩『図書館戦争』シリーズ最新刊!!図書館は誰がために―王子様、ついに発覚!山猿ヒロイン大混乱!玄田のもとには揉め事相談、出るか伝家の宝刀・反則殺法!―そしてそして、山猿ヒロ
| 粋な提案 | 2007/07/09 10:33 AM |
図書館危機/有川 浩 [Book]
 有川 浩:著 『図書館危機』  図書館危機有川 浩メディアワークスこのアイテムの詳細を見る  『図書館戦争』 『図書館内乱』 に次ぐ、  図書館シリーズ3作目。  前作でついに王子様の正体を知ってしまった郁ですが、  その動揺が1巻通してずーっと続いてます
| miyukichin’mu*me*mo* | 2007/08/04 4:00 AM |
【図書館危機】 有川浩 著
「…手塚、うるさいから笠原さんどっか持ってって」 「持ってって」、表現ピッタリのお笑いシリーズ第3作スタート [:拍手:] 昇任試験では、手塚の弱点を見たり、オリジナリティ豊かな郁、やっぱりキレのある柴崎、みごと個性が絡み合っていく。 図書館は誰がた
| じゅずじの旦那 | 2007/09/11 11:08 PM |
<< 「あさましきもの」太宰治 | main | 『ブーの国』明川哲也 >>