* スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.01.19 Wednesday * | - | - | -
* 『獣の奏者 II 王獣編』上橋菜穂子
評価:
上橋 菜穂子
講談社
¥ 1,680
(2006-11-21)
 人は、獣は、この世に満ちるあらゆる生き物は、ほかの生き物を信じることができない。心のどこかに、常に、ほかの生き物に対する恐怖を抱えている。
  (中略)
 武力で、法で、戒律で、そして、音無し笛で、互いを縛り合ってようやく、わたしたちは安堵するのだ……。(本文より)

 「闘蛇編」ではエリンが王獣のリランと心を通わせていくところで終わっていたけれど、この「王獣編」ではその交流そのものが問いかけになっています。
 獣と人は通じ合えるものなのか。
 通じ合えるとしたら、それは思いやりとか温かさからくるものなのか、それとも生理的な操作による主従関係なのか。
 あっという間に読み終えましたが、もう一冊分欲しいかな。エリンとリランについては、長々と続けてもこれ以上の展開はないように思えるけど、イアルとエリンの関係が気になるじゃありませんか!(笑) 凄まじい混乱と戦闘にまみれた国がどうなったのかも気になるし。ああでも、結局イアルは真王の護衛としてしか生きられず、エリンはリランと共に人前から姿を消して生きていくしかないのかも。だとしたら、ここで話を切ったのは僅かばかりでも想像の余地を残した終わり方なのかもしれませんね。読んだ人それぞれがさまざまな想像をして、彼らの行く末をたくさん生み出していけば、その数だけこのお話は続いていく。この後エリンはどうなったのか、真王と大公の長子はどうなったのか、国は、王獣は……。そんな風に読んだ者同士で話をするのにちょうどいい終わり方ともいえますね。

 本ブログ 読書日記
2007.09.03 Monday * 13:12 | 上橋菜穂子 | comments(0) | trackbacks(0)
* スポンサーサイト
2011.01.19 Wednesday * 13:12 | - | - | -
Comment









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
<< 『獣の奏者 I 闘蛇編』上橋菜穂子 | main | 『虐殺器官』伊藤計劃 >>