* スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.01.19 Wednesday * | - | - | -
* 『ビター・ブラッド』雫井脩介
評価:
雫井 脩介
幻冬舎
¥ 800
(2007-08)
「誰でも、いつかは死んじまうんだ」
 自分を納得させるように明村は言った。
「そりゃそうだけど……」夏輝はため息混じりに言葉を返した。「こんな死に方でいいわけないだろ」
「死に方ほど思い通りにならんものもない」(本文より)

 『犯人に告ぐ』と同じく警察小説ながら、雰囲気はそれよりも軽みのあるものでした。『犯人に告ぐ』ほどどっしりとした雰囲気ではなく、『クローズド・ノート』ほど甘くない、その中間あたりのくすぐり多めのお話。雫井さんの作品だと私は『虚貌』が好きなので、もっと犯人になにか深い事情があるとかどうしようもない悲劇性とかを望むところなんですが、これはこれで面白かったです。でも、なんとなくどっちつかずな印象は否めないかな。それに中盤、いくつもの細かい出来事が繋がり始める前あたりで、ちょっともたつく感じがあった。
 ジェントル、バチェラー、オクトパス、ゴブリン、スカンク、アイスマン、チェイサーなどなど、警視庁捜査一課の刑事たちにそれぞれユニークなあだ名がついていて、キャラクターも個性的な面々。「ジャケットプレイ」には何度も笑わされました。ジェントルの考えることはわからん(笑) 「クーガー」と「足つったー!」で笑えれば最後まで楽しく読めて、逆にここでイラッとしたら読むのは辛いんじゃないか。ユーモア警察小説かと思って読んでいるとしんみりと転調する場面もあり、それがメリハリだと思うか中途半端だと思うかで評価が分かれそうです。笑える場面に気をとられていると、事件そのもののシビアな部分まで軽く見てしまいそうになるんで時々「危ない危ない」と呟きながら読んでました。
 最後まで読むとなにやらシリーズ化しそうな雰囲気。これだけ変わった人たちが出てくると、実写化もありそう。書き方もビジュアルに訴える感じだし。
 終盤、事件の核心に迫る辺りからは一気に読みました。新人刑事の主人公夏輝になにくれとなく協力してくれる、相星という情報屋がいるんですが、犯人を追った彼と夏輝の携帯での会話が一番印象に残ってます。

 本ブログ 読書日記
JUGEMテーマ:ミステリ


2007.10.10 Wednesday * 21:15 | 国内ミステリ | comments(2) | trackbacks(4)
* スポンサーサイト
2011.01.19 Wednesday * 21:15 | - | - | -
Comment
こんにちは。
初めて雫井さんを読みましたが、すごく面白かったです。
二部構成になっていて、違う雰囲気になっていたのも良かったと思います。
もしシリーズ化するのなら、後半の相棒は勿体無いですね。
あの人が好きだったのに。
| しんちゃん | 2007/10/17 6:15 PM |
こんにちは。
そうですよね。もしシリーズ化するとしたら、あれは勿体ないです。彼との遣り取りも面白かったのに〜。「シニアさん」とか(笑)
| たかとう | 2007/10/18 6:49 PM |









Trackback URL
http://12key.jugem.jp/trackback/389
ビター・ブラッド
ビター・ブラッド 雫井脩介 幻冬舎 評価☆☆☆☆
| ハムりんの読書 おすすめの本 感想とあらすじ  | 2007/10/16 5:45 PM |
「ビター・ブラッド」雫井脩介
ビター・ブラッド雫井 脩介 (2007/08)幻冬舎 この商品の詳細を見る 警視庁S署に配属された佐原夏輝は、新任早々に起きた事件で現場へ向うと、そこに捜査一課の面々が現れた。自称?捜一オタク?の先輩刑事、鷹野が教えてくれるに
| しんちゃんの買い物帳 | 2007/10/17 6:10 PM |
ビター・ブラッド 雫井脩介
イラストレーションは日端奈奈子。ブックデザインは鈴木成一デザイン室。「パピルス」掲載に加筆修正。 新米刑事の佐原夏輝は初の現場で家族と別れた父親、本庁捜査一課の島尾明村とコンビを組むことに。一カ月後に明村の上司、
| 粋な提案 | 2007/11/09 3:57 AM |
雫井脩介【ビター・ブラッド】
佐原夏輝が警視庁S署E分署の刑事課に配属されて早々、E分署管内で不審死体が発見された。 捜査は本庁の捜査一課が指揮を執り、E分署か...
| ぱんどらの本箱 | 2008/05/21 4:57 PM |
<< 『“文学少女”と死にたがりの道化(ピエロ)』野村美月 | main | 『インシテミル』米澤穂信 >>