* スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.01.19 Wednesday * | - | - | -
* 映画「どろろ」
評価:
柴咲コウ,瑛太,麻生久美子,中村嘉葎雄,原田美枝子,妻夫木聡,杉本哲太,原田芳雄,土屋アンナ,中井貴一,塩田明彦
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
¥ 2,400
(2007-07-13)
 己の体48箇所を取り戻すため、魔物と戦う百鬼丸。そして彼と知り合ったコソ泥のどろろは、百鬼丸の強さの象徴である妖刀を奪うため、その旅を追いかけ始める……。

 う〜ん……マンガや小説を実写化すれば、必ずイメージに合わなかったり無理があったりするものだけど、私は原作を読んでいないので影響なく見られるはず……だったんですが、それでもキャスティングには首を捻りました。
 どろろが実は女の子であるというのは、最後までわからないようにして、ラストでびっくりさせて欲しかった。柴咲コウではあまりに女性らしい容姿で、いくら「おいらは男だ!」と言ってもまるでピンとこない。常に大声で叫ぶように台詞を言っていたのも、五月蝿く感じられてしまったし。どろろの過去よりも、どろろと百鬼丸に恋愛フラグを立てることを優先している演出にも見える。
 それに最初から続編を作ることが前提になっているんだなあってのも、マイナスポイントでしたね。
 大きな嘘をつくためには、細部をとことんリアルにする必要があると思うんですが、すべてが中途半端な印象。笑わせよう、泣かせよう、アクションを見せよう、そうやって盛りだくさんに詰め込んだ結果、空回りしてしまったというか。

どろろ@映画生活
JUGEMテーマ:映画
2007.12.18 Tuesday * 23:36 | 映画 | comments(0) | trackbacks(0)
* スポンサーサイト
2011.01.19 Wednesday * 23:36 | - | - | -
Comment









Trackback URL
http://12key.jugem.jp/trackback/427
<< 『狂人の部屋』ポール・アルテ | main | 映画「マリー・アントワネット」 >>