* スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.01.19 Wednesday * | - | - | -
* 映画「ユナイテッド93」
評価:
シェエン・ジャクソン.ジョン・ロスマン.クリスチャン・クレメンソン,ポール・グリーングラス
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
¥ 1,490
(2007-09-13)
 2001年9月11日にアメリカで起こった同時多発テロの際、ハイジャックされた4機の旅客機のうち、唯一標的に到達しなかったユナイテッド航空93便の様子を描いた映画。ドキュメンタリータッチで撮られているので、派手な見せ場や演出といったものはありません。主人公も設定されていないし、カメラワークもホームビデオ用のハンディカムを使ったような箇所があったりします。
 運命の日、人々はそれぞれの事情によって93便に搭乗し、そしてよくある機内の様子を経て、ハイジャックされる。ハイジャックのショックから落ち着きかけた時に知らされるテロの情報。再び混乱する乗客たち。ただひたすら恐れ戦く者、ハイジャック犯に立ち向かおうとする者、家族や愛する者たちへ機内から電話をかけて別れを告げる者。それらが淡々と描かれ、最後の瞬間に向かって進行していきます。
 見ていて一番印象に残ったのは、自分たちの乗った機がどこかへ突っ込むために操縦されていることを知った後の、乗客たちの様子。特に家族や恋人、友人などへ別れの電話をかける姿でした。妻や子と言葉を交わせた者もいれば、留守番電話にメッセージを吹き込む者、別の知り合いに家族へのメッセージを託す者もいました。

 93便の乗客たちを英雄視するよりも、できるだけ事実に近づけようとしていると思いました。ハイジャック犯たちが完全な悪人として描かれていないのもよかった。
 当日の朝、彼らが彼らの信じる神に祈りを捧げるシーンがあります。他にも、93便に搭乗する前の不安そうな様子、搭乗ゲートの前で家族へ連絡を取ろうとする姿、ハイジャックをしてからも、自分たちに向かってくるのではないかと乗客たちの様子を窺って右往左往する様、コックピットで操縦に戸惑う様子などなど。93便の乗客たちを英雄視して彼らのための“復讐”を呼びかけるのではない作りに、わずかな救いを感じました。

4334761720ユナイテッド93 テロリストと闘った乗客たちの記録 (光文社文庫)ジェレ・ロングマン 原口 まつ子 光文社 2006-07-12by G-Tools


ユナイテッド93@映画生活
JUGEMテーマ:映画
2007.12.19 Wednesday * 23:17 | 映画 | comments(0) | trackbacks(0)
* スポンサーサイト
2011.01.19 Wednesday * 23:17 | - | - | -
Comment









Trackback URL
http://12key.jugem.jp/trackback/429
<< 映画「マリー・アントワネット」 | main | 『本格ミステリ・ベスト10 2008年度版』 >>