* スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.01.19 Wednesday * | - | - | -
* 『かもめの日』黒川創
評価:
黒川 創
新潮社
¥ 1,680
(2008-03)
 朝は、誰の上にも、適当にやってくる。この地球の上では、夜の終わりの尻尾の先など、誰もつかまえたことがないのだから。(本文より)

 1963年、女性初の宇宙飛行士ワレンチナ・テレシコワは地上との交信で「わたしはかもめ!(ヤー・チャイカ!)」と彼女のコードネームを叫び、そのフレーズはチェーホフの『かもめ』に登場するニーナのせりふと同じであった――。
 そんな話から始まる物語は、宇宙空間からすっと東京の街中にカメラを移動させ、そこに現れる様々な人々をランダムに映していくように見えます。ベンチで目を覚ました太った青年、彼が探している少女、ラジオ局のAD、フリーの女性アナウンサー、DJ、作家などなど。少し触れてはまた次の人物へと、カメラワークは絶え間なく切り替わり、やがて読み手は彼らが細い糸のようなもので繋がっていることを知ります。はっきりとした起承転結や大きな山場は訪れず、ともすればなんだか消化不良な印象を持ってしまいそうになりましたが、それは小説の出来不出来というよりも個人的な好みによるものでしょう。少女の過去に関わるエピソードの決着が、私には納得いかなかったのです。
 でも、ラストシーンにちょっと救われたかな。
 「かもめ」はそこにいました。

にほんブログ村 本ブログへ
【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集
JUGEMテーマ:読書
2008.06.26 Thursday * 22:31 | 国内その他 | comments(0) | trackbacks(0)
* スポンサーサイト
2011.01.19 Wednesday * 22:31 | - | - | -
Comment









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
<< 『食堂かたつむり』小川糸 | main | 『江戸散歩・東京散歩 改訂版―切り絵図・古地図で楽しむ、最新東京地図で歩く100の町と道』 >>