* スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.01.19 Wednesday * | - | - | -
* 『スタンド・バイ・ミー 東京バンドワゴン』小路幸也
 古書店「東京バンドワゴン」シリーズの三作目。赤ちゃんが二人も生まれて一層賑やかになった堀田家。さすがに今回からは人物相関図が付されていました。それと家や店舗の見取り図。今までイメージで読んでいたので、家の見取り図はなかなか重宝しました。家族それぞれがどんな配置で暮らしているのかわかると、より雰囲気が掴める気がします。
 で、今回の内容はというと、店の本が数冊並べ替えられている謎や買い取った本の表紙裏に「ほったこん ひとごろし」とクレヨンで書かれていた謎など、堀田家の面々やお馴染みさんやご近所さんひっくるめて、下町のノリと人情で事情が明かされていきます。
 大いなるワンパターンになりかけていますが、その予定調和がとても心地良いシリーズなんですよね。それに、なりかけてはいるけどワンパターンに陥っているってわけでもないんです。毎回持ち込まれる雑事や謎は、ちょっと不思議でほんのり後味が良くて時たまほろ苦い。三作目になってもちっとも飽きさせません。日曜の夕方になるとつい「笑点」を見てしまったり、なんとなく「サザエさん」をつけてしまったり、そういう感覚と似ています。
 ただ、四編収録されているうちのラストに配された一編は、藤島氏が大活躍過ぎて彼がいなかったら解決できていないのかも、とちょっと考えてしまいました。もっとも勢いのあるIT会社社長である藤島氏は、ある意味ジョーカーだと思うんですよね。それを出されたらなんでもありになってしまう、便利だけどちょっと危険なカード。彼に手を出されたら、大抵の無理は通ってしまいそう。そんな彼が協力してくれるのも堀田家の人々の人徳ゆえだとは思いますが、あまりそっちに頼ってしまわないように、いざって時のジョーカーとして取っておいて欲しいかな。藤島氏が好きなだけに。
 青とすずみさんの間に生まれた鈴花ちゃん、紺と亜美さんの間に生まれたかんなちゃん、藍子と結婚したマードックさんなどなど、家族が増えて手狭になってきた堀田家。藍子の娘花陽(かよ)がもう中学生になったんですが、意外と初恋を実らせてゆくゆくは藤島さんと一緒になるっていうのもありかなあ、なんて思います。

にほんブログ村 本ブログへ
【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集
JUGEMテーマ:読書
2008.07.04 Friday * 19:38 | 小路幸也 | comments(0) | trackbacks(0)
* スポンサーサイト
2011.01.19 Wednesday * 19:38 | - | - | -
Comment









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
<< 『“文学少女”と穢名の天使(アンジュ)』野村美月 | main | 『月のころはさらなり』井口ひろみ >>