* スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.01.19 Wednesday * | - | - | -
* 『のだめカンタービレ #21』二ノ宮知子
 早いものでもう21巻。今回は帯に「夢色☆クラシック」の佐久間氏が登場。本編のほうにも出てきていて、相変わらずのポエマーっぷりに笑いました。ゼフィロス!(笑)
 話のほうは、Ruiと千秋の共演によって、のだめの迷走が始まります。千秋と共演することを目標にしてきたのだめの前で、やりたかったものをそれ以上の出来で披露されてしまうという。この巻全体に、ベートーヴェンのピアノ・ソナタ第31番が流れているような雰囲気。「裏切り」と「苦悩に満ちた試練」がキーワード。波乱を予感させるラストで、次の巻が気になります。でも、二ノ宮先生が現在妊娠8ヶ月ということなので、22巻が出るのはしばらく先になりそうですね。

にほんブログ村 本ブログへ
【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集
JUGEMテーマ:漫画/アニメ
2008.08.15 Friday * 00:53 | 漫画 | comments(0) | trackbacks(3)
* スポンサーサイト
2011.01.19 Wednesday * 00:53 | - | - | -
Comment









Trackback URL
http://12key.jugem.jp/trackback/512
のだめ
こんにちは!たまたま見つけて見に来て見ました!
| 子リスと子豚 | 2008/08/16 6:03 PM |
のだめカンタービレ 21巻
のだめカンタービレ #21 (21) (講談社コミックスキス)二ノ宮 知子(2008-08-11)Amazonランキング:位Amazonおすすめ度:Amazonで詳細を見るBooklogでレビューを...
| shaberiba | 2008/08/21 10:25 PM |
のだめカンタービレ 第21巻
のだめカンタービレ第21巻を読みました〜♪ この巻、ちょっと切ないですか?? 心が離れてる訳じゃないけど、諸般の都合で離れている千秋とのだめ・・・ Ruiの弾くラベルピアノ協奏曲ト長調・・・Ruiとのだめの演奏自体は違うのに・・・天才が感じる、理
| 観たよ〜ん〜 | 2008/08/22 10:28 PM |
<< 角川ブックカバー2008 | main | 『耳をふさいで夜を走る』石持浅海 >>