* スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.01.19 Wednesday * | - | - | -
* 『かまわぬの手ぬぐい使い方手帖』
 最近、風呂敷や手ぬぐいなどの和小物に目が行って仕方ありません。ハンカチよりも手ぬぐい、トートバッグよりも風呂敷に惹かれます。なので自然と本屋さんでもこういった本を手に取ってしまうのです。
 代官山にある人気店「かまわぬ」の手ぬぐいを集めた一冊です。着物の文様を眺めるのも好きですが、手ぬぐいも様々な意匠が凝らされていて楽しいですね。着物よりもっと身近で洒落が利いてる柄もあって。黒々とした中に大きな魚の目らしきものが描かれているのは「目くじら」とか。古典柄はもちろんのこと、現代柄もポップでキュート。これからの時期、サンタクロース模様の手ぬぐいも可愛いなあ。
 手ぬぐいのお手入れ方法をはじめとして、いくつもの活用方法(拭いたり包んだり被ったりなどなど)が載っています。手ぬぐいを使った可愛らしいトートバッグの作り方なんてのもありました。
 昨今のエコブームもあって、風呂敷や手ぬぐいが見直されているとは思いますが、まだまだ実際に自分の身の回りでそれらを愛用している人を見かけません。かくいう私も、日常生活の中で風呂敷や手ぬぐいを使っているかというと、そうでもなく。さらっと使いこなせたらいいなあとは思ってるんですが……。
 この本を見ていたら、手ぬぐいを集めたくなりました。もちろん集めるだけじゃなくて、活用もしたいなあ。

にほんブログ村 本ブログへ
【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集
JUGEMテーマ:読書
2008.09.27 Saturday * 18:29 | 国内その他 | comments(0) | trackbacks(0)
* スポンサーサイト
2011.01.19 Wednesday * 18:29 | - | - | -
Comment









Trackback URL
http://12key.jugem.jp/trackback/522
<< 『カラスの親指 by rule of CROW’s thumb』道尾秀介 | main | 『現代京ことば訳 源氏物語(1)桐壺−乙女』中井和子 >>