* スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.01.19 Wednesday * | - | - | -
* 『日本茶のすべてがわかる本―日本茶検定公式テキスト』日本茶検定委員会
評価:
日本茶検定委員会
日本茶インストラクター協会
¥ 2,300
(2008-12)
 以前は紅茶をよく飲んでいたのですが、一昨年あたりからちょっと舌に合わなくなってきて、昨年からは日本茶を毎日何杯も飲んでいます。番茶、煎茶、ほうじ茶、玄米茶、そば茶などをよく飲みますが、たまに緑茶に果実などがブレンドされたフレーバーティーも飲みます。でもやっぱり普通の緑茶が一番美味しい。
 そんなわけで日本茶について詳しく書かれた本書を手に取りました。お茶の種類や美味しい淹れ方、飲み方、栽培方法、製茶方法、品質審査に健康効果や歴史と文化まで、日本茶のすべてを解説してあります。シンプルだからこそ奥が深い。
 ちなみに、日本茶検定の公式テキストにもなっているそうです。

にほんブログ村 本ブログへ
【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集
JUGEMテーマ:読書
2009.01.08 Thursday * 23:07 | 国内その他 | comments(0) | trackbacks(0)
* スポンサーサイト
2011.01.19 Wednesday * 23:07 | - | - | -
Comment









Trackback URL
http://12key.jugem.jp/trackback/566
<< 『豆しば―枝豆しばとアラスカの冷蔵庫』キム・ソクウォン、渡部祥子 | main | 『火村英生に捧げる犯罪』有栖川有栖 >>