* スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.01.19 Wednesday * | - | - | -
* 『踊るジョーカー 名探偵 音野順の事件簿』北山猛邦
「人が殺されて、何事もなく世の中が回っていたとして……すべてが丸く収まっていたとして……それでも犯人を告発するのはいいことかな?」
「いいか悪いかの問題ではないな。やらなきゃいけない。それが『正しい』ってことだ」
 (「ゆきだるまが殺しにやってくる」より)

 推理作家の白瀬白夜は、とても気の弱いひきこもり気味な友人・音野順が持つ謎解きの才能を買っていて、名探偵として世の中に知られるよう探偵事務所を開設する。音野をモデルとした白瀬の推理小説の影響もあって、ちらほら依頼が舞い込むのだが――という連作短編集。
 北山さんといえば同じ東京創元社から出ている『少年検閲官』や講談社の「城」シリーズなど、少し変わった世界観が背景にあるものをよく書かれていますが、この本はごく普通な現代のお話でした。それともまだそう見えているだけなのか?(笑)
 名探偵役の音野の気弱っぷりがもどかしいくらいで、それを後押しする白瀬も、時々犯人に買収されそうになったりして揺らぎます。これ、この白瀬が揺らぐのを、毎回毎回のお約束みたいな感じにしても面白いんじゃないかな。気弱な探偵と揺らぎやすい助手のコンビ……事件解決するの大変そうだけど(笑)
 話は、「時間泥棒」を一番面白く読みました。トリックメインな作品の中で、これはロジックだったのでちょっと他とは違った印象を持ったので。他作品について言うと、表題作の「踊るジョーカー」はトランプの使い方に驚きました。なるほど、そういう風に出来るんだ。「見えないダイイング・メッセージ」では、ダイイング・メッセージに対する固定観念を突かれ、「毒入りバレンタイン・チョコ」ではトリックに納得する反面、犯人に対して「そんなことしてうまくいくわけないでしょうが!」と心の中でツッコミを入れ、「ゆきだるまが殺しにやってくる」には人が殺されているにもかかわらず、なんだか脱力系のほわほわした印象を持ちました。

■「踊るジョーカー」
 密室になっている地下室で、男性がナイフで刺し殺されていた。現場の床に散らばっていたトランプと被害者が最後に残した「トランプ」という言葉。そして腹に突き立てられていたナイフにもトランプの束が刺さっていた……。

■「時間泥棒」
 ある姉弟の家で頻繁に時計が無くなった。不思議に思いながらも、家中の時計を一箇所に集めて置いておいたが、その時は盗られなかった。そして元の場所に戻したところ、そのうちの幾つかが盗まれた……。

■「見えないダイイング・メッセージ」
 とある発明家が頭を殴打され亡くなった。死の間際に撮ったと思われる一枚のポラロイド写真が現場に残されており、それが被害者からのダイイング・メッセージだと思われた……。

■「毒入りバレンタイン・チョコ」
 大学のゼミ室でバレンタインのチョコを食べていた学生のうち、ひとりの女子学生が突然倒れた。命に別状はなかったものの、チョコレートの台紙から青酸化合物が検出された。被害者もその場に居た全員も、それぞれ自分達でチョコを取って食べていたという。どのようにして彼女は毒を盛られたのか……。

■「ゆきだるまが殺しにやってくる」
 雪山で遭難しかかった白瀬と音野が辿り着いた富豪の屋敷では、そこの一人娘の花婿選びが行われるところだった。娘が青年達に出した課題は、彼女の気に入る「ゆきだるま」を作ること。その晩、ひとりの青年が死体で発見された……。

にほんブログ村 本ブログへ
【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集
JUGEMテーマ:ミステリ
2009.01.15 Thursday * 17:12 | 北山猛邦 | comments(0) | trackbacks(0)
* スポンサーサイト
2011.01.19 Wednesday * 17:12 | - | - | -
Comment









Trackback URL
http://12key.jugem.jp/trackback/569
<< 『僕たちの好きな怪人二十面相 [別冊宝島] (別冊宝島 1587)』 | main | 『草祭』恒川光太郎 >>