* スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.01.19 Wednesday * | - | - | -
* 『秋期限定栗きんとん事件(上)』米澤穂信
 ぼくはこう思っている。――どうだ。その程度でぼくに謎をかけようなんて、おかしくって話にもならない。もうちょっと手の込んだやつで、出直してきてくれないかな。
 言えないのだ。そんなことは、もう。 (「第三章 とまどう春」より)

 待ってました。「小市民」シリーズ新刊。春・夏ときて秋がようやく出ましたね。それも上下分冊。少しでも長く楽しめるのは嬉しい。
 いつでもどこでも推理せずにはいられない小鳩くんと、小学生にも見紛う容姿と裏腹に嬉々として復讐に勤しんでしまう小佐内さん。自分の性によって嫌な思いをしてきた反省から「小市民」を目指そうとしているふたり。そんな彼らが互恵関係を解消してしばらく経った頃、それぞれに付き合う相手ができました――というところから始まっています。
 上巻では小鳩くんと小佐内さんが顔をあわせることなく話が進んでいきます。いつふたりが再会するかが、一番気になるところ。
 小市民たるべく毎週デートを重ねる小鳩くんが、気づくと彼女そっちのけで頭の中で推理を始めてしまう場面には笑いました。それでこそ小鳩くん。だけど、それじゃあ遅かれ早かれ愛想を尽かされてしまうんじゃ……。小市民を装うのなら、彼氏彼女なんてお互いの内部に入り込もうとする関係は持たないほうがいいですよ。
 一方の小佐内さんが付き合い始めた瓜野くんは、なんだか非常に危なっかしい。新聞部で大きい事件を物にしようと奔走するのはいいけれど、どうも思慮に欠けるような。しかし、彼の追いかけている連続放火事件が次第に大きなものへと発展していくのには、こういっちゃなんだけど期待しています。どんな風に繋がるのか、放火犯は誰なのか。
 新聞部といえば、小鳩くんの友人・堂島健吾が部長を務めているのですが、後半ぐっと存在感が増してきて嬉しいです。前半は瓜野くんの視点で語られているので、どうしても過去の事件で小鳩くんたちと行動していた健吾と同一人物という感じがしなかったんですよね。小鳩くん視点の語りの中に登場してくれてようやく役者が揃った観がありました。
 それにしても、小佐内さんが甘いものを好きな理由には、驚くと同時に「なるほど」と納得しました。この上巻で一番驚いたところかも。
 さて、下巻読もう。

にほんブログ村 本ブログへ
【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集
JUGEMテーマ:ミステリ
2009.03.31 Tuesday * 01:47 | 米澤穂信 | comments(0) | trackbacks(0)
* スポンサーサイト
2011.01.19 Wednesday * 01:47 | - | - | -
Comment









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
<< 『実さえ花さえ』朝井まかて | main | ブログからの手紙 >>