* スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.01.19 Wednesday * | - | - | -
* 『バースデイ・ストーリーズ』村上春樹:編訳
評価:
レイモンド・カーヴァー,ポール・セロー,ラッセル・バンクス,デニス・ジョンソン,ウィリアム・トレヴァー,ダニエル・ライオンズ,リンダ・セクソン,デイヴィッド・フォスター・ウォレス,イーサン・ケイニン,アンドレア・リー,村上 春樹
中央公論新社
¥ 1,680
(2002-12-07)
 時間はやってきて、時間は去り、それを取り戻すことはできない。(ラッセル・バンクス「ムーア人」より)


 誕生日をキーワードに村上春樹が編集・翻訳したアンソロジー。村上氏の書き下ろし短編も収められています。実は昨日誕生日だったので読んでみました。ハッピーバースデイと言うけれど、ここに収められた短編はそのほとんどがハッピーなお話ではありません。誕生日なのに事故に遭ったり、友だちを死なせてしまったり、家族との確執で家に帰らなかったり。
 そんな中で、ラッセル・バンクスの「ムーア人」がよかったです。若い頃は役者を目指していたものの暖房設備の部品販売業をしている男性が、ある雪の晩に仲間と行ったレストランで80歳の誕生日を祝いにきているひとりの老婦人と会います。ふたりは昔、彼女の夫の目を盗んで関係を持っていたという過去があって――というお話。
 老婦人と男性の会話がしっとりとしていていいんです。全体を見ると穏やかでほの温かい話なのに、読後に残るのはしんと雪の冷たさが漂う寂寥感。お互いに不満のない現在と思い出を胸に持っているのに、なぜか本を閉じた後に浮かぶのは底冷えする雪の風景なんです。タイトルの「ムーア人」は『オセロー』からきているんですが、これもまた秀逸です。
 それともう一編。娘のバースデイ・ケーキを買い損ねた若い母親からケーキを譲ってくれと言われて頑強にそれを拒む老女の話、ダニエル・ライオンズの「バースデイ・ケーキ」。これも老女がなぜそこまで突っぱねるのかがわかった後には、どうしようもない寂しさを感じます。私は冒頭から老女の言い分に共感していたので、余計にそう感じたのかもしれません。そんなに大事なバースデイ・ケーキなら、なぜ予約を入れなかったのか、なぜ当日の閉店間際になって赤の他人に譲ってくれなどと言うのだ、なぜそれを受け入れられるのが当然だと思うのだ、なぜ断っただけで恨むとかクソ婆と罵るのだ、自分が悪いのではないのか、若い母親よ、と。……あら? 私も頑固婆さんになりそうです。

【収録作】
 「ムーア人」ラッセル・バンクス
 「ダンダン」デニス・ジョンソン
 「ティモシーの誕生日」ウィリアム・トレヴァー
 「バースデイ・ケーキ」ダニエル・ライオンズ
 「皮膚のない皇帝」リンダ・セクソン
 「ダイス・ゲーム」ポール・セロー
 「永遠に頭上に」デイヴィッド・フォスター・ウォレス
 「慈悲の天使、怒りの天使」イーサン・ケイニン
 「バースデイ・プレゼント」アンドレア・リー
 「風呂」レイモンド・カーヴァー
 「バースデイ・ガール」村上春樹

にほんブログ村 本ブログへ
【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集
JUGEMテーマ:読書
2009.04.16 Thursday * 20:11 | 海外その他 | comments(0) | trackbacks(0)
* スポンサーサイト
2011.01.19 Wednesday * 20:11 | - | - | -
Comment









Trackback URL
http://12key.jugem.jp/trackback/597
<< 『秋期限定栗きんとん事件 (下)』米澤穂信 | main | 『恋文の技術』森見登美彦 >>