* スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.01.19 Wednesday * | - | - | -
* 『納棺夫日記』青木新門
評価:
青木 新門
文藝春秋
¥ 490
(1996-07)

 先頃、アカデミー賞外国語映画賞を受賞した映画『おくりびと』の元となった本。今週末にWOWOWで『おくりびと』が放送されるので、それを観る前に読んでみました。私が期待していたのは、タイトルにあるように亡くなった人を納棺することを仕事とした人の実体験とその周辺の物事。そこのところの記述が、想像していたよりずっと少なかったです。死者と日常的に接していると、どうしても死について考えてしまうとは思いますが、途中から親鸞と宮沢賢治を引用しての死生観になっていってしまい、正直読むのが苦痛になりました。
 だからといってつまらない本というわけではなく、葬儀社に勤める著者が目のあたりにした死者や死体の描写などから思うところがあったり、著者の心の動きや関心が次第に親鸞の教えや宮沢賢治の詩などに向かっていく様子などから「死」を自分も考えてみる気になったりさせられました。
 それならどうして後半読むのが苦痛になってしまったのか。多分私はまだ死について考える時、どうしてもそこに深い悲しみや痛みを伴ってしまうからなのでしょう。死とはなにかを考える前に、亡くした人を思って辛くなるのです。もう少し年をとって、自分自身の死について考えるようになった頃にまたこの本を読んだら、今とは違った感想になると思います。

にほんブログ村 本ブログへ
【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集
JUGEMテーマ:読書
2009.07.31 Friday * 20:22 | 国内その他 | comments(2) | trackbacks(1)
* スポンサーサイト
2011.01.19 Wednesday * 20:22 | - | - | -
Comment
私も・・・まだ「 おくりびと 」の映画を観ていないんですよ〜・・・
漫画版を読んで・・・「 セロ弾きのゴーシュ 」みたいだな〜と思いました〜・・・
| 末摘花 | 2009/08/03 9:03 AM |
こんにちは〜。
WOWOWで放送された『おくりびと』を録画してあるんですが、まだ見てない私です。
映画だと納棺師の仕事面を拡げて描いているようですね。
| たかとう | 2009/08/04 7:33 PM |









Trackback URL
http://12key.jugem.jp/trackback/631
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/08/16 3:28 PM |
<< 『月光亭事件』太田忠司 | main | 『こびとづかん』なばた としたか >>