* スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.01.19 Wednesday * | - | - | -
* 『聖女の救済』東野圭吾
評価:
東野 圭吾
文藝春秋
¥ 1,700
(2008-10-23)

「だから前にいったんだ。これは完全犯罪だ、とね」(本文より)

 男が死んだとき、その直前に離婚を言い渡されていた妻は北海道に居た。男の死因は毒物による殺人。しかし妻には完全なアリバイがあり――。

 「探偵ガリレオ」シリーズの一番新しい長編。草薙刑事が容疑者である被害者の妻に恋をしてしまい、それが話をややこしくするかと思いきや、刑事としての本分は見失わずに終盤正気に返ってくれました。といっても、この話ではやはり、草薙刑事の容疑者に対する心情の描写が読みどころのひとつでしょう。容疑者に思いを寄せてしまった刑事というシチュエーションでありながら、シリアスさよりもコミカルな印象が強かったです。絵面を想像すると結構笑える。そんな感じで「草薙さんたらもう…」と読んでいたら最後に彼の行動が活きてくるとは。
 内海刑事も女性ならではの視点から発言することが多くて、なかなか鋭いところを見せてくれました。恋する草薙刑事と女性容疑者を同性の目で厳しく見つめる内海刑事が対照的で、そこに中立な湯川が入って真面目なミステリなのに、やっぱりどこか笑える要素が感じられました。内海に話を聞いて草薙と会話する湯川が、思ったほど草薙がダメダメになっていなくて、「それならいい」と事件についての推理を聞かせずに帰ってしまうところとか。
 ミステリとしては、犯人の目星もついていてどうやって殺したかを突き詰めていく、ハウダニットもの。いくつもの仮説や論駁がやりとりされて、ひとつだけ残った方法に辿り着きます。キーワードは虚数解。
 このトリックは、よほど強い意志を持った犯人じゃないと出来ないだろうなあ。読後タイトルを見返してなるほどと納得したけれど、果たしてこれをやり遂げた彼女は「聖女」と言えるのでしょうか。
 それにしても被害者が嫌な男だった。みんななんで彼に惹かれるのか。「どこがいいんだ、こんなやつ!」と思いながら、始めのほうは読んでました。自分の子供を産めるかどうかだけでどんどん相手を変えるなんてなぁ。

にほんブログ村 本ブログへ
【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集
JUGEMテーマ:ミステリ
2009.08.21 Friday * 17:45 | 東野圭吾 | comments(0) | trackbacks(0)
* スポンサーサイト
2011.01.19 Wednesday * 17:45 | - | - | -
Comment









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
<< 『のだめカンタービレ #22』二ノ宮 知子 | main | 『夜明けの縁をさ迷う人々』小川洋子 >>