* スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.01.19 Wednesday * | - | - | -
* 『宵山万華鏡』森見登美彦
評価:
森見 登美彦
集英社
¥ 1,365
(2009-07-03)

「宵山は終わらないよ」(「宵山万華鏡」より)

 祭りの雑踏ではぐれてしまった幼い姉妹の話(「宵山姉妹」)、“超金魚”を育てたと言う高校からの友人乙川に宵山を案内してもらうはずだった藤田が祇園祭司令部に引っ立てられてしまう話(「宵山金魚」)、つかみどころのない人物乙川に頼まれて大掛かりなある仕掛けを仕込むことになった学生劇団の話(「宵山劇場」)、宵山の日に娘が消えた叔父と姪の話(「宵山回廊」)、同じ宵山の日を何度も繰り返す男の話(「宵山迷宮」)、雑踏ではぐれた妹を探す姉が不思議な場所へ辿り着く話(「宵山万華鏡」)。

 祇園祭の宵山を中心に6つの話からなる短編集。それぞれ独立した話としても読めるけれど、6編を通して読むと妖しくも美しい宵山の風景が浮かび上がってきます。登場人物や出来事などがすこしずつ繋がっていて、導入はこちら側の話だったのに気がついたら虚実入り乱れた幻想的な物語の中にいる感じ。小学生の姉妹の話(妹の視点)で始まって、同じ姉妹の話(姉の視点)で終わり、それも内容がひとつの出来事の表裏になっているので綺麗に物語が閉じる心地良さがありました。
 私が好きなのはリプレイものの「宵山迷宮」。京都の妖しさを存分に味わえました。この話を含む3編に顔を出す謎の古道具屋・乙川をメインにした話が読んでみたいなあ。そのうち書いてくれませんかね。それから、『夜は短し歩けよ乙女』で、ドキドキさせてくれたゲリラ演劇「偏屈王」にかかわった人たちが出てきたりもするので、あちらの話を読んだ人には嬉しい後日譚も見ることが出来ます。

にほんブログ村 本ブログへ
【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集
JUGEMテーマ:読書
2009.09.02 Wednesday * 19:47 | 森見登美彦 | comments(0) | trackbacks(0)
* スポンサーサイト
2011.01.19 Wednesday * 19:47 | - | - | -
Comment









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
<< 『贖罪』湊かなえ | main | 『ドンナ・マサヨの悪魔』村田喜代子 >>