* スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.01.19 Wednesday * | - | - | -
* 『密室から黒猫を取り出す方法 名探偵音野順の事件簿』北山猛邦
「もういやだ……うちにいたい……事件なんていやだ……」
 車中で音野が駄々をこね始めたが、今さら引き返すわけにもいかない。だいたい、現場に行くまでにイヤイヤする名探偵が何処の世界にいるというのだ。(「人喰いテレビ」より)

 ミステリ作家の白瀬白夜と、彼の友人でひきこもりがちで人見知りな名探偵音野順のシリーズ第二弾。
 今回は白瀬のボケっぷりに驚愕しました。自分が買って来たものを次の話ではもう忘れているって! もしやこれはなにかの伏線ではないのか、このシリーズの最終話が全部白瀬の脳内劇場でした、とか言ったらどうしよう……とまで考えました(笑)

■「密室から黒猫を取り出す方法」
 殺した相手を自殺に偽装して完全犯罪を目論んだところ、密室に猫が入り込んでしまった。さて、どうやって猫を外に出すか、という話。
 理屈としてはわかるトリックなんだけど、実際それをその人が実行できるのかちょっと疑問が残ったなあ。

■「人喰いテレビ」
 ロッジで殺されていた男は、前夜テレビに喰われていたという目撃証言があった――。
 これはちょっとズルイぞ〜と思った一編。トリック云々よりも登場人物たちのコミカルな会話のほうを楽しむ話って感じ。実際、そういったやりとりのほうが面白かった。

■「音楽は凶器じゃない」
 五年前とある高校で音楽教師が撲殺された。現場には女子学生も怪我を負って倒れていた。犯人が捕まらないままの事件を解くことができるのか――。
 う〜ん、この凶器は……バカミスっぽいかな。けど、話は一番シリアスな展開へ。

■「停電から夜明けまで」
 シロとペンタ兄の兄弟は義父を殺す計画を立てた。チャンス到来、停電の夜に実行に移そうとしたのだが、そこに来客が現れて――。
 この話が一番面白く読みました。トリックではなくロジック寄りな話。音野の兄が出てくるんですが、なかなかのブラコンでその立ち居振る舞いがいい感じの人でした。音野よりも名探偵然としていて頭の切れる印象。またそのうち登場するでしょうね。

■「クローズド・キャンドル」
 散歩中に知り合った女性から、家に入り込んだ変な男を追い出してほしいと頼まれた白瀬。彼女の家に行くとそこにいたのは名探偵を名乗る琴宮(きんぐう)という男で、成り行きから女性の父親が殺されたトリックを解明することになるのだが――。
 「密室から黒猫を〜」が小粒な物理トリックものだとすると、この話は大掛かりな物理トリック。他にもミステリのガジェットが幾つも出てきて、読んでいて楽しい話でした。ここで出てきた琴宮という探偵は、今後また出てくるんでしょうか。不思議と憎めない名(迷?)探偵でした。彼がメインで番外編ってのも面白いかもしれない。

にほんブログ村 本ブログへ
【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集
JUGEMテーマ:ミステリ
2009.09.30 Wednesday * 01:44 | 北山猛邦 | comments(0) | trackbacks(0)
* スポンサーサイト
2011.01.19 Wednesday * 01:44 | - | - | -
Comment









Trackback URL
http://12key.jugem.jp/trackback/659
<< 『神去なあなあ日常』三浦しをん | main | 『悪党』薬丸岳 >>