* スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.01.19 Wednesday * | - | - | -
* 『悪党』薬丸岳
評価:
薬丸 岳
角川書店(角川グループパブリッシング)
¥ 1,575
(2009-07-31)

 犯罪の被害に遭った者にとって、最も苦しいのは、加害者が幸せに暮らしていると知ったときだ。加害者が自分の犯した罪をこれっぽっちも反省していないと悟ったときだ。(「第二章 復讐」より)

 昔、まだ高校生だった姉を輪姦の末に殺害された過去を持つ佐伯修一は、婦女暴行犯に拳銃を突きつけたことで警察を懲戒免職になり、現在は探偵事務所の調査員をしている。佐伯の勤める探偵事務所では犯罪被害者に加害者のその後を調査する依頼も受けており、佐伯は様々な依頼人と出会い、その加害者たちの現在を調べることになる――。

 薬丸さんの作品はデビュー作からずっと読んでいるのですが、いつも読んだ後に考えさせられます。今回も、犯罪被害者遺族は加害者を赦せるものなのか、というテーマで読みながらどういうことをすれば償いになるのか、罪は帳消しに出来るものなのかなど、いろいろ考えました。
 といっても、表紙が与える印象ほどには暗く重たい雰囲気ではなく、薬丸作品の中では一番とっつきやすいのではないかと思います。それというのも各章ごとに一話完結に近い連作長編の形をとっていて、ひとつの依頼ごとに一応の帰結が見えるからで、中には加害者家族の苦しみを書いているものもあり、章ごとに角度を変えて描いているので読む者を飽きさせません。
 依頼者たちは加害者のその後を見て、煩悶しながらもそれぞれの判断を下します。ひとつの依頼が終わるたびにそれを見つめた主人公佐伯の心も動揺し、自分の姉を殺した犯人達をどうしたいのか悩みます。
 薬丸さんは、犯罪者よりもその被害に遭った側の苦しみをよく書く作家さんだと思います。普通のミステリやサスペンスが事件の始まりから終わりまでを書いているとしたら、薬丸作品は事件のその後を一貫して書いているように思うのです。犯人が捕まればそれで終わりではなく、殺された者達や残された者達のどうやって救われ、その痛みや苦しみはどう癒されるべきなのかを追い続けている、そんな印象を受けます。
 この話の主人公佐伯がどういう道を進むのか、読みながら復讐したくなる気持ちも痛いほどわかるし、かといってそうした場合、佐伯自身もまた加害者として周囲の人間を傷つけるかと思うと止めたい気持ちにもなります。最後のページまで読んで、私は満足して本を閉じました。

にほんブログ村 本ブログへ
【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集
JUGEMテーマ:読書
2009.10.01 Thursday * 19:47 | 薬丸岳 | comments(0) | trackbacks(1)
* スポンサーサイト
2011.01.19 Wednesday * 19:47 | - | - | -
Comment









Trackback URL
http://12key.jugem.jp/trackback/660
【悪党】 薬丸岳 著
赦すとはどういうことなのか?償いとは?  一日一回のポチッ、よろしくお願いし致します [:next:] 人気blogランキング【あらすじ】自らが犯した不祥事で職を追われた元警官の佐伯修一は、今は埼玉の探偵事務所に籍を置いている。決して繁盛しているとはいえない事務
| じゅずじの旦那 | 2009/12/01 2:35 PM |
<< 『密室から黒猫を取り出す方法 名探偵音野順の事件簿』北山猛邦 | main | 『花と流れ星』道尾秀介 >>