* スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.01.19 Wednesday * | - | - | -
* 『ダブル・ジョ−カー』柳広司
評価:
柳 広司
角川書店(角川グループパブリッシング)
¥ 1,575
(2009-08-25)

 “死んだスパイなど他人の古靴ほどにも役に立たない”。
 スパイにとっては死がすべての終わりなのだ。(「柩」より)

 日本帝国陸軍秘密諜報員養成所――通称“D機関”を中心としたスパイの物語。待望の続編てことで、わくわくしながら読みました。やっぱりこのシリーズは面白いなあ。中でもD機関出身のスパイが事故で亡くなる「柩」がお気に入り。物語の中のスパイは格好良いけれど、実際は途方もなく孤独な存在ですね。それを受けての終章へのつながり方が良かった。こんなところで終わるとは……。常に勝ち組なD機関だったけれど、情勢の大きな変化でこの先どうなるのか非常に気になります。続き出してほしいなあ。

■「ダブル・ジョーカー」
 D機関に対抗する諜報員養成所として作られた、陸軍大学校及び陸軍士官学校卒業者で組織される「風機関」は、D機関とは対極の教え「躊躇なく殺せ」「潔く死ね」をモットーとしている。そのふたつの機関に同じ任務が下された。より優秀なのはどちらの機関か、勝ち残る機関はどちらなのか。

■「蝿の王」
 兄の死により共産思想を持ちモスクワのスパイとなっている陸軍軍医の脇坂衛は、スパイ狩りの知らせを同朋から受け取る。時を同じくして現地部隊にやってきた慰問団の“わらわし隊”。その中にスパイ・ハンターがいると脇坂は予想し、その人物を罠にかけようとするのだが――。

■「仏印作戦」
 ハノイで軍の暗号翻訳の仕事をまかされている高林は、ある晩暴漢に襲われたところを永瀬則之という日本人に助けられる。永瀬は“D機関”という名前を出し、高林に軍とは別の暗号翻訳を依頼してきた――。

■「柩」
 ドイツのベルリン郊外で列車同士の正面衝突事故が起きた。その事故で死んだ真木という日本人がスパイであると、ヘルマン・ヴォルフ大佐は確信していた。なぜならヴォルフ大佐は過去に“魔術師”と呼ばれた日本人スパイと対決したことがあり、死んだ真木には彼と同じ臭いを感じているからだ――。

■「ブラックバード」
 米国で長期任務についている仲根晋吾は、二重経歴(ダブル・カバー)で西海岸の諜報活動を行っていた。東海岸については外務省がその管轄としており、定期的に外務省の役人・蓮水と連絡を取ることになっていたのだが――。

にほんブログ村 本ブログへ
【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集
JUGEMテーマ:ミステリ
2009.10.21 Wednesday * 00:15 | 国内ミステリ | comments(2) | trackbacks(3)
* スポンサーサイト
2011.01.19 Wednesday * 00:15 | - | - | -
Comment
はじめまして。
このシリーズは本当に面白いですよね。
結城中佐の過去が明らかになる「柩」は私も好きでした。
続編が気になるところですが、
Amazonの動画インタビューで作者の柳広司さんが「ファンの声援があれば」とおっしゃっていたので期待できそうですよ♪
| ia. | 2009/10/21 1:00 AM |
ia.さん、はじめまして。
気になるところで終わっていますよね〜。
結城中佐の登場が前作よりも少ないけれど、匂わせるだけで充分存在感があります。
中佐はもちろん、他の諜報員たちがその時どうしていたのか、柳さんにはファンの声を感じていただいて(笑)、是非続きを書いてほしいです。
| たかとう | 2009/10/22 1:45 AM |









Trackback URL
http://12key.jugem.jp/trackback/665
ダブル・ジョーカー
著者:柳 広司 出版社:角川書店 感想: 「ジョーカ・ーゲーム」の続編。タイトルもそれとわかり易く「ダブル・ジョーカー」。 前作同様面白かったです。 表題作『ダブル・ジョーカー』は、陸軍内に新たなスパイ組織が設立されるというお話。「ダブル・ジョーカーは要
| どくしょ。るーむ。 | 2009/10/21 12:47 AM |
【ダブル・ジョーカー】 柳広司 著
やっぱり面白いです、このシリーズ・・・  一日一回のポチッ、よろしくお願いし致します [:next:] 人気blogランキング【あらすじ】結城中佐率いる“D機関”の暗躍の陰で、もう一つの秘密諜報組織“風機関”が設立された。だが、同じカードは二枚も要らない。どちら
| じゅずじの旦那 | 2009/11/17 6:23 PM |
『ダブル・ジョーカー』 柳広司 ─ 読み手に空想の種を与える世界観 ─
─ 読み手に空想の種を与える世界観 ─ 2009年の本屋大賞第3位にも選ばれた『ジョーカー・ゲーム』の続編にあたるのがこの『ダブル・ジョーカー』(著:柳広司)です。前作の主人公(影の主人公?)である結城中佐のダークな魅力の虜になって、ついつい続編にも手が伸
| Prototypeシネマレビュー | 2009/11/21 8:57 AM |
<< 『ナイチンゲールの沈黙』海堂尊 | main | 『おとなのねこまんま あったかごはんを極うまに食べる136』ねこまんま地位向上委員会:編 >>