* スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.01.19 Wednesday * | - | - | -
* 『岸辺のふたり―Father and Daughter』マイケル・デュドク ドゥ・ヴィット:著、うちだ ややこ:翻訳
評価:
マイケル・デュドク ドゥ・ヴィット
くもん出版
¥ 1,365
(2003-03)

 あなたの大切な人は、
 いま、どこにいますか。

 8分間の短編アニメーション映画から生まれた絵本。
「じゃあな」と言ってボートに乗って去っていった父と、残された娘。何年も待ち続け、やがて娘は大きくなり若者と知り合い家庭を持つ。そして子供達が巣立った後で、父と別れた場所に来る。
 セピア色が印象的な絵本でした。父親がどこへ行ったのか、なぜ帰ってこなかったのか。それはどうとでも解釈ができると思います。なにかの暗喩とも取れるし。

にほんブログ村 本ブログへ
【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集
JUGEMテーマ:読書
2009.12.10 Thursday * 15:43 | 絵本・児童書 | comments(0) | trackbacks(0)
* スポンサーサイト
2011.01.19 Wednesday * 15:43 | - | - | -
Comment









Trackback URL
http://12key.jugem.jp/trackback/680
<< 「S-Fマガジン 2010年 01月号」 | main | 『このミステリーがすごい!2010年版』 >>