* スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.01.19 Wednesday * | - | - | -
* 『このミステリーがすごい!2010年版』
 今年も海堂尊氏をはじめとした歴代「このミス」大賞受賞者たちの短編が収録されていました。これでワンコイン価格はお得感がありますね。
 いつも楽しみにしているのは各作家の「私の隠し玉」と各出版社の「我が社の隠し玉」コーナー。「我が社の隠し玉」はカラーの違いを楽しんでるんですが、今回は新潮社のテンションが他所より高いところにちょっと驚きました。出だし「トゥース!」で入るとは(笑) 扶桑社も江戸っ子口調で攻めてます。論創社の<論創海外ミステリ>が来年はたくさん出るようで楽しみ。「私の隠し玉」では、初野晴さんの「おいしいニラたまの作り方」が参考になりました(笑)

にほんブログ村 本ブログへ
【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集
JUGEMテーマ:ミステリ
2009.12.10 Thursday * 19:09 | 国内ミステリ | comments(2) | trackbacks(0)
* スポンサーサイト
2011.01.19 Wednesday * 19:09 | - | - | -
Comment
この手のランキング本が書店に並び始めると、年の瀬だな〜という気分になりますね。
いつもどれを買おうか悩みますが、なかでもこのミスは読みごたえもあってお得感がありますよね。私も早くゲットしなくちゃ!
| まめ | 2009/12/12 6:10 PM |
こんにちは。
「このミス」が本屋さんに並ぶのを見ると、もう12月なんだなあと毎年思います。一年の締めくくりにミステリのランキング本を読まないと落ち着いて年を越せません(笑)
今回は書き下ろしの短編がたくさん載ってましたよ〜。
| たかとう | 2009/12/13 6:01 AM |









Trackback URL
http://12key.jugem.jp/trackback/681
<< 『岸辺のふたり―Father and Daughter』マイケル・デュドク ドゥ・ヴィット:著、うちだ ややこ:翻訳 | main | 映画関連の記事 >>