* スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.01.19 Wednesday * | - | - | -
* 『のだめカンタービレ #23』二ノ宮知子
 ついに「のだめ」最終巻!
 この巻はもうストーリーの収束で終始しているので、前巻からの大きな変化っていうものは特になし。千秋は父親となんとなく和解しているし、シュトレーゼマンもまだまだ現役続行。最後にうわーっとはっちゃけて終わるとか、もうひと山場欲しいとも思うけども、とりあえず大団円で終わってよかった。8年続いてたんですね。音楽や芸術に終わりやゴールがないように、この物語も「はい、ここまで」という感じにはなっていなくて、いつまでも彼らがどこかで音楽にかかわって生活しているような気がします。

にほんブログ村 本ブログへ
【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集
JUGEMテーマ:漫画/アニメ
2009.12.17 Thursday * 19:41 | 漫画 | comments(0) | trackbacks(1)
* スポンサーサイト
2011.01.19 Wednesday * 19:41 | - | - | -
Comment









Trackback URL
http://12key.jugem.jp/trackback/686
私が「のだめ」をすごい漫画だと実感したのは
2chクラシック板初心者質問スレよりコピペ Q:指揮者って何をするんですか? メトロノームがあればいいのでは? A:指揮者の仕事の少なからざる部分は、リハーサルの時点で終了しています。   すなわち、どのようなテンポでどのような強弱や表情を付け
| 身近な一歩が社会を変える♪ | 2010/01/08 11:56 PM |
<< 『クーベルチュール 1』末次由紀 | main | 『WILL』本多孝好 >>