* スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.01.19 Wednesday * | - | - | -
* 『ふだん着物わくわくアイデア帖』きくち いま
評価:
きくち いま
河出書房新社
¥ 1,470
(2008-11-14)

 きものを普段着として楽しむためのヒントがいろいろ載っていました。今はどうしても着物は一段高いところにあるイメージがあって、なかなか気軽に着ることができないんですが、探せば安くて洗濯機でも洗える物もあるし、ちょっと着てみようかなという気になりました。その前にまず着付けだな。
 季節に合わせた色柄や素材のお約束があるにしても、その日その時の気候や気分でちょっと自分流にアレンジするのもいいんじゃない?と著者は書いています。本来着物ってこんな風に楽しんで着る物なんでしょうね。柄物の手拭いを半襟にするとか、どれくらい動いたら着物は着崩れるのかとか、著者が楽しそうに日々着物を着ている様子が伝わってきます。その中に人から言われて傷ついた言葉にもちらっと触れられていて、もともと日本人なら誰もが着ていた物なのに、今となってはそれがマイノリティとしていろいろ言われることもあることに驚きました。

にほんブログ村 本ブログへ
【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集
JUGEMテーマ:読書
2010.01.13 Wednesday * 21:39 | 国内その他 | comments(0) | trackbacks(0)
* スポンサーサイト
2011.01.19 Wednesday * 21:39 | - | - | -
Comment









Trackback URL
http://12key.jugem.jp/trackback/693
<< 『Globes―地球儀の世界―宇宙から見た地球を体感する』高井 ジロル | main | 『手編みの円座・角座―かわいいおざぶ』 >>