* スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.01.19 Wednesday * | - | - | -
* 『幻竜苑事件』太田忠司
評価:
太田 忠司
東京創元社
¥ 714
(2009-08-30)

「(略)犯罪とはたいていの場合、おとなの醜さや悪賢さから生まれてくるものだ。それは君がまだ知らない領域かもしれない。しかし君の直観と推理力は、そうしたおとなの嫌らしさを突き抜けて、核心をつかむことができる。君が探偵になりたいと願うかぎり、君には探偵になれる力があるんだ」(「第八章 冷たく白い雨」より)

 少年探偵・狩野俊介シリーズの二作目。三月になって俊介が再び野上の探偵事務所にやってくるところから話は始まります。前作ですっかり俊介を気に入った野上は、彼を養子にとる提案を胸に俊介と会うのですが……。この野上と俊介のやりとりが、私には事件そのものよりも見所でした。野上の気持ちも俊介の気持ちもわかる。そして、それを傍で見守っている明子の気持ちもわかります。
 そんな彼らの前に謎の少女が現れ、両親を殺した犯人を捕まえてくれと依頼するのですが、それは十年前に起きた焼死事件を掘り返す作業になるのでした。前作でも思ったけれど、謎解きよりも俊介が犯人に投げかける言葉を読むのがある種のカタルシスになっている気がします。普段は物静かで賢くてとてもいい子な俊介が、その時だけ生の感情をバンと相手にぶつけているようなんですよね。それを読んでこちらはちょっぴり安心するのかもしれません。
 それにしても野上さんは鈍感だなあ。明子嬢の気持ちに気づくのはいつになることやら。

にほんブログ村 本ブログへ
【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集
JUGEMテーマ:ミステリ
2010.03.19 Friday * 19:19 | 国内ミステリ | comments(0) | trackbacks(0)
* スポンサーサイト
2011.01.19 Wednesday * 19:19 | - | - | -
Comment









Trackback URL
http://12key.jugem.jp/trackback/701
<< 『ちはやふる(8)』末次 由紀 | main | 『レンタルマギカ〜魔法使い、貸します!』三田 誠 >>