* スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.01.19 Wednesday * | - | - | -
* 『冥談』京極夏彦
評価:
京極夏彦
メディアファクトリー
¥ 1,449
(2010-03-03)

 岩の上に居たのは、女だったそうです。しかし、そんな場所に女が居る訳はありません。いいえ、居てはならないのです。里の者は絶対にそんな場所に行きません。行こうとしても行けるものではありません。居る筈のない場所に居るものは――。
 それは人ではないのです。(「遠野物語より」より)

 タイトルの「冥」という文字が表すように、どことなくクライ話が多かったです。陰気な話というのではなく、道理がわからずに物事がよく見えていないくらさと、そのものずばりあの世と繋がっている話たち。
 好きな順に挙げると、巻頭にあってしっとりとした余韻を残す「庭のある家」、恐怖の対象イコール死者というわけではない民俗学的な考察が興味深かった「遠野物語より」、思わず自分の住む家について考えてしまった「予感」がお気に入り。「予感」の中にある「家は生命のアナロジー」云々っていうところが面白かったです。それと、掉尾を飾る「先輩の話」はなんともおぼろげで、あちら側とこちら側どちらに立って読んでいるのか心許なくなりました。この話がラストにくることで、それまで読んできた冥談の数々がぼうっと遥か彼方に霞んでいくような感じ。

【収録作】
 庭のある家/冬/凮の橋/遠野物語より/柿/空き地のおんな/予感/先輩の話

にほんブログ村 本ブログへ
【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集
JUGEMテーマ:読書
2010.04.13 Tuesday * 20:10 | 京極夏彦 | comments(0) | trackbacks(0)
* スポンサーサイト
2011.01.19 Wednesday * 20:10 | - | - | -
Comment









Trackback URL
http://12key.jugem.jp/trackback/710
<< 『三谷幸喜のありふれた生活8 復活の日』三谷幸喜 | main | 2010年度本屋大賞発表 >>