* スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.01.19 Wednesday * | - | - | -
* 『裏切りは僕の名前を知っている(1)〜(7)』小田切ほたる
 1巻から最新刊の7巻までの感想をコンパクトに。
 養護施設で育った桜井夕月(ユキ)の元に、腹違いの兄だと名乗る男・祇王天白(ぎおうたかしろ)がやってくるところから物語は始まります。夕月を引き取ろうとする天白に少し考えさせて欲しいという夕月。特殊な能力を持つ祇王一族の人間である夕月は魔物に狙われ、やがて『戒めの手(ツヴァイルト)』と共に『悪魔(デュラス)』と戦うことを決意し――。
 夕月は前世で「戒めの手」たちと共に悪魔と対峙してきた祇王一族の姫で、ルカ=クロスゼリア(通称ゼス)という上級悪魔と恋人同士だったのですが、1巻の冒頭でルカに頼んでいたことが6〜7巻あたりの天白から聞かされる話と同じく6〜7巻に出てくるルカの一連のシーンに繋がってきます。ルカがことあるごとに夕月に言う「俺はおまえを裏切らない」という言葉は、ある裏切りを背景にしているのだとすれば、ルカが自分と夕月が前世で恋人同士だった事実を夕月に告げないのも、夕月が前世の記憶をとり戻すことをどこか恐れている様子なのもなるほどわかります。でも夕月はそんなルカを許すだろうし、そもそも夕月が転生するにあたってルカの記憶を失くしてしまったことも、前世と違って男として生まれてきたことも、ルカや仲間たちを守りたい、共に戦いたいという強い気持ちからきたんじゃないかと思うんだけどなあ。7巻まできてもちっともお互いのことを訊かないし、理解を深めない夕月とルカがじれったいです。
 登場人物も多いし、話の進み具合がもうちょっと早くなるといいなあ。その分「戒めの手」同士のいちゃいちゃエピソードを抑えていいから。

にほんブログ村 本ブログへ
【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集
JUGEMテーマ:漫画/アニメ
2010.05.15 Saturday * 00:31 | 漫画 | comments(0) | trackbacks(0)
* スポンサーサイト
2011.01.19 Wednesday * 00:31 | - | - | -
Comment









Trackback URL
http://12key.jugem.jp/trackback/721
<< 『Nのために』湊かなえ | main | 『桜嵐恋絵巻』深山くのえ >>