* スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.01.19 Wednesday * | - | - | -
* 『アーサー王伝説の起源―スキタイからキャメロットへ』C・スコット・リトルトン、リンダ・A・マルカー(著)、辺見葉子、吉田瑞穂(翻訳)
 先日2004年の映画『キング・アーサー』を見まして。それがいわゆる剣と魔法のアーサー王伝説ではなく、アーサー王伝説のモデルになった人物を描いた歴史映画で、今までのアーサー王ものとは違って面白かったので伝説の起源を知りたくなり手に取りました。
 ケルト神話からきているとされていたアーサー王伝説が、スキタイ起源であるという主張は分かりました。ただ、なにしろ専門書なものでその説を面白いなあとは思うものの、見極める知識はないので頭の中であれこれ考えながら読むのではなく、ひたすら「へえ〜、へえ〜」と読み流す感じでした。イギリスやアーサー王伝説に詳しい人から見たらツッコミどころが多いのかな。それすら私には分かりません(笑)
 日本でいう卑弥呼伝説の新説みたいな感じですかね。

にほんブログ村 本ブログへ
【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集
JUGEMテーマ:読書
2010.09.10 Friday * 18:49 | 海外その他 | comments(0) | trackbacks(0)
* スポンサーサイト
2011.01.19 Wednesday * 18:49 | - | - | -
Comment









Trackback URL
http://12key.jugem.jp/trackback/738
<< 『伯爵と妖精 あいつは優雅な大悪党』谷瑞恵 | main | 『アガサ・クリスティを訪ねる旅―鉄道とバスで回る英国ミステリの舞台』平井杏子 >>