* スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.01.19 Wednesday * | - | - | -
* 『アガサ・クリスティを訪ねる旅―鉄道とバスで回る英国ミステリの舞台』平井杏子
 イングランド南西部に広がる、アガサ・クリスティのミステリ・ワールドをめぐってみたい。それも、エルキュール・ポワロやミス・マープルや、そのほかの登場人物たちがそうしたように、列車やバス、ときには小船やタクシーを乗り継いで。(「あとがき」より)

 今年はアガサ・クリスティ生誕120年ということで、BSでもクリスティ特集組まれていますし、関連書籍も上半期に何冊か出ていましたね。この本も奥付を見ると今年三月発行です。
 冒頭に引用したように、私も好きな作家や作品があるとその舞台になった場所に行ってみたいと思います。英国だったら、クリスティ関連かホームズ関連かで悩みますね。英国全体をまわるならクリスティ関連かなあ。
 というわけで、この本であります。ロンドンのパディントン駅に始まって、アガサ・クリスティの作品に登場した各地を鉄道とバスを乗り継いでまわっている旅行記であり、ガイド本です。著者が撮影したと思われる写真がたくさん載っているのですが、どれも奇麗に撮れていて人にアルバムを見せてもらいながら旅行の話を聞いているような感じがします。

にほんブログ村 本ブログへ
【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集
JUGEMテーマ:読書
2010.09.14 Tuesday * 18:28 | 海外その他 | comments(0) | trackbacks(0)
* スポンサーサイト
2011.01.19 Wednesday * 18:28 | - | - | -
Comment









Trackback URL
http://12key.jugem.jp/trackback/739
<< 『アーサー王伝説の起源―スキタイからキャメロットへ』C・スコット・リトルトン、リンダ・A・マルカー(著)、辺見葉子、吉田瑞穂(翻訳) | main | 『土曜日は灰色の馬』恩田陸 >>