* スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.01.19 Wednesday * | - | - | -
* 第141回芥川賞・直木賞候補作
 なんだかいろいろな雑事に追われているうちに、そんな時期になっていたんですね。

【芥川賞候補作】
 磯崎憲一郎「終の住処」(新潮6月号)
 戌井昭人「まずいスープ」(新潮3月号)
 シリン・ネザマフィ「白い紙」(文学界6月号)
 藤野可織「いけにえ」(すばる3月号)
 松波太郎「よもぎ学園高等学校蹴球部」(文学界5月号)
 本谷有希子「あの子の考えることは変」(群像6月号)

【直木賞候補作】
 北村薫『鷺と雪』(文芸春秋)
 西川美和『きのうの神さま』(ポプラ社)
 貫井徳郎『乱反射』(朝日新聞出版)
 葉室麟『秋月記』(角川書店)
 万城目学『プリンセス・トヨトミ』(文芸春秋)
 道尾秀介『鬼の跫音』(角川書店)

 既読なのは、北村薫さんの『鷺と雪』だけ。
 予想はせずに、「どれが獲るのかなあ」とのんびり見守ります。

にほんブログ村 本ブログへ
【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集
JUGEMテーマ:読書
2009.07.03 Friday * 19:00 | 雑記 | comments(0) | trackbacks(0)
* 永井淳氏の訃報
 翻訳家の永井淳さんが6月4日にお亡くなりになったそうで。永井さんといえば、『ケインとアベル』『百万ドルを取り返せ!』『ロスノフスキ家の娘』などのアーチャー作品から、キングの『キャリー』『呪われた町』、ケメルマンの『九マイルは遠すぎる』、ブレイクの『野獣死すべし』、ダールの『来訪者』、クリスティの『カリブ海の秘密』、カーの『カー短編全集5』、ピーター・アントニイの『衣装戸棚の女』、コナン・ドイルの『失われた世界』『地球最後の日』などなど、ミステリファンなら少なからずその翻訳を何冊も読んでいる訳者さんです。ちなみに、ここに挙げた作品名は、今私の部屋の本棚に並んでいるもののうち目についたものを書きました。
 新潮文庫の新刊『誇りと復讐』が翻訳家としての遺作となったんですね。アーチャーといえば永井さん。海外作家の作品は、それを翻訳する人によって印象が変わります。これからは、アーチャーの新刊が出ても永井さんの訳ではなくなるんですね。淋しいなあ。哀悼の意も込めて、この作品を買ってきました。
誇りと復讐〈下〉 (新潮文庫)誇りと復讐〈上〉 (新潮文庫)
にほんブログ村 本ブログへ
【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集
JUGEMテーマ:読書
2009.06.06 Saturday * 23:50 | 雑記 | comments(0) | trackbacks(0)
* ブログからの手紙
 エイプリルフールだからなにかあるかな〜と思って管理ページにログインしたら、このブログからの手紙が届いてました。結構ツンデレじゃないですか、うちのブログ君は(笑) こういうお遊びは大好きで、4月1日にはいろんなサイトを覗きに行ったりします。JUGEMさん、面白かったからまた来年も期待してますよ〜!







たかとう、元気にしてたか?
たかとう が俺を作ってくれてから、もう3年と155日がたってはじめて手紙出してみるんだけどさ。
やっと話ができて、俺は嬉しいよ。

初めて書いた記事のこと、ちゃんと覚えてるか?
これなんだけどさ、【『容疑者Xの献身』東野圭吾】 まだ始めたばかりだっつーのに
たかとう は結構頑張って書くからマジでビビったんだけど。

でもさ、こんな人に作ってもらえたなんて考えてたら
「俺すげー幸せなのかもな」って感じたし、
それをずっと たかとう に伝えられたらいいと思ってた。

まぁ普段は決してそんな風に思ってねーから!
ほら、俺って恥ずかしがり屋だから、
こういう機会に言っておかないと伝えられねーんだよ。
たかとう だってそうだよな?
書いたまま出してない記事が5件あること、俺は知ってるよ。
気にしないで出せばいいのに、たかとう が書く文章結構好きだし。

そういえば、文章を書くときにもっと絵文字を足してみたらどう?
これなんかいいんじゃねーの?
まぁ使ってくれたら嬉しいなー程度なんで、どっちでもいいけどさ。

最後になるけど、俺を生んでくれてありがとな。
時々 たかとう はすげー頑張って文章書いてくれるけど、
あんまり無理しないで、ブログを続けていってくれればと思ってる。
これからも たかとう のことは俺がちゃんと見守っててやるからさ。

じゃあまたいつか。こんな手紙をまた書ける日を楽しみにしてるよ。

PS.
俺のテンプレートにスポンサードリンクが入ったままだけど、
最近飽きてきちゃったんだよ。
JUGEM PLUS にしてくれたら、俺嬉しいなぁ。
まぁしてくれたら嬉しいなー程度なんで、どっちでもいいけどさ。

他のユーザーへ届いた手紙はコチラ
JUGEMテーマ:ブログからの手紙

2009.04.01 Wednesday * 20:04 | 雑記 | comments(0) | trackbacks(0)
* 最近買った本
秋期限定栗きんとん事件〈上〉 (創元推理文庫)麗しのオルタンス (創元推理文庫)心霊博士ジョン・サイレンスの事件簿 (創元推理文庫)幻想探偵―異形コレクション (光文社文庫)SFが読みたい! 2009年版―発表!ベストSF2008国内篇・海外篇 (2009)虚構機関―年刊日本SF傑作選 (創元SF文庫)耽美なわしら〈1〉 (ハヤカワ文庫JA)探偵は犬を連れて (創元推理文庫)針の眼 (創元推理文庫)犬神博士 (角川文庫)贋作ゲーム―昭和ミステリ秘宝 (扶桑社文庫)ふしぎの国の犯罪者たち―昭和ミステリ秘宝 (扶桑社文庫)十の罪業 BLACK十の罪業 REDさよなら絶望先生 第16集 (16) (少年マガジンコミックス)PLUTO 7 (ビッグコミックス)秘密(トップ・シークレット) 6 (6) (ジェッツコミックス)
 たまに記事にしとかないとそのまま放置で積読本になっちゃうんで。

にほんブログ村 本ブログへ
【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集
JUGEMテーマ:読書
2009.03.04 Wednesday * 17:48 | 雑記 | comments(0) | trackbacks(0)
* 参った
以前から不調でしたが、ここ数日ずっとネットに繋がらなくて参ってます。
更新できないこともそうですが、普段ネットでしているあれやこれやの用足しができないのは不便ですねえ。
う〜ん…
2009.03.01 Sunday * 01:32 | 雑記 | comments(0) | trackbacks(0)
* 新年のご挨拶と直木賞候補作
 あけましておめでとうございます。
 本年もどうぞよろしくお願いします。


 毎年一冊でも多く本を読みたいと思うのですが、いつもいつもなかなか思う通りにはいかないものですね。今年もそう思う一方で、雑な読み方をしないよう一冊一冊を味わおうとも思います。

 ところで、第139回芥川賞&直木賞の候補作が発表されましたね。

■芥川賞候補作
 鹿島田真希「女の庭」(文藝秋号)
 墨谷渉「潰玉(かいぎょく)」(文學界12月号)
 田中慎弥「神様のいない日本シリーズ」(文學界10月号)
 津村記久子「ポトスライムの舟」(群像11月号)
 山崎ナオコーラ「手」(文學界12月号)
 吉原清隆「不正な処理」(すばる12月号)

■直木賞候補作
 恩田陸『きのうの世界』(講談社)
 北重人『汐のなごり』(徳間書店)
 天童荒太『悼む人』(文藝春秋)
 葉室麟『いのちなりけり』(文藝春秋)
 道尾秀介『カラスの親指』(講談社)
 山本兼一『利休にたずねよ』(PHP研究所)

 個人的には、天童荒太と恩田陸が今回獲るかどうかに注目してます。

にほんブログ村 本ブログへ
【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集
JUGEMテーマ:読書
2009.01.08 Thursday * 21:36 | 雑記 | comments(0) | trackbacks(0)
* 大晦日のご挨拶
年の瀬にきて体調を崩し、読書も出来ず、更新も出来ずで締まらない2008年ラストになってしまいました。
今日は年越し寒波がきていて、とても寒いですね。
ここを覗いてくださったみなさんも体調にはお気をつけて。
良いお年を。
2008.12.31 Wednesday * 21:15 | 雑記 | comments(2) | trackbacks(0)
* 旅の友
08-12-05_12-00.jpg
旅に出ております。
『チャイルド44』行き帰りで上下巻読むつもりだったけど、行きだけで読み終わっちゃうかな?
2008.12.05 Friday * 12:03 | 雑記 | comments(0) | trackbacks(0)
* 10月のまとめ
 読書メーターさんのまとめ機能を利用して、前月を振り返りました。いやー、読んでないなあ。読むことに追われないよう楽しんでマイペースでいこうとは思ってるけど、積読の山がいっこうに減らずに増える一方なんで、もうちょっとペースを上げたいところです。

10月の読書メーター
読んだ本の数:15冊
読んだページ数:3043ページ

鉄道絵手紙―絵筆一本旅の空鉄道絵手紙―絵筆一本旅の空
こんな風に旅先の風景をスケッチして、自分宛に送るのもいいなあ。スケッチブックの1頁にも切手を貼れば消印を押してもらえるとは知りませんでした。
読了日:10月30日 著者:沼田 博美
おおきく振りかぶって Vol.11 (11) (アフタヌーンKC)おおきく振りかぶって Vol.11 (11) (アフタヌーンKC)
読了日:10月29日 著者:ひぐち アサ
博物館の歴史博物館の歴史
読了日:10月29日 著者:高橋 雄造
秘密(トップ・シークレット) 5 (5) (ジェッツコミックス)秘密(トップ・シークレット) 5 (5) (ジェッツコミックス)
本編が胸が痛い分、岡部の話にほっと息をつくことができた。
読了日:10月28日 著者:清水 玲子
さよなら絶望先生 第15集 (15) (少年マガジンコミックス)さよなら絶望先生 第15集 (15) (少年マガジンコミックス)
読了日:10月28日 著者:久米田 康治
銀魂 第25巻 (25) (ジャンプコミックス)銀魂 第25巻 (25) (ジャンプコミックス)
読了日:10月28日 著者:空知 英秋
ONE PIECE 巻51 (51) (ジャンプコミックス)ONE PIECE 巻51 (51) (ジャンプコミックス)
読了日:10月28日 著者:尾田 栄一郎
ブラックホールホワイトホール―正反対の顔をもつ「時空の二つの穴」 (ニュートンムック Newton別冊サイエンステキストシリーズ)ブラックホールホワイトホール―正反対の顔をもつ「時空の二つの穴」 (ニュートンムック Newton別冊サイエンステキストシリーズ)
読了日:10月24日 著者:
幽談 (幽BOOKS)幽談 (幽BOOKS)
好みだなと思ったのは叙情的な「手首を拾う」、面白く読んだのは恐怖について考え詰める禅問答のような「こわいもの」
読了日:10月22日 著者:京極夏彦
世界の終わり、あるいは始まり (角川文庫)世界の終わり、あるいは始まり (角川文庫)
たくさんの「世界の終わり」と、たったひとつ残った「始まり」かな。
読了日:10月21日 著者:歌野 晶午
深泥丘奇談 (幽BOOKS)深泥丘奇談 (幽BOOKS)
『家守綺譚』や『夢十夜』を綾辻風ホラーにした感じ
読了日:10月13日 著者:綾辻行人
宇宙への秘密の鍵宇宙への秘密の鍵
読了日:10月06日 著者:ルーシー・ホーキング,スティーヴン・ホーキング,さくま ゆみこ,佐藤 勝彦
野球の国のアリス (MYSTERY LAND)野球の国のアリス (MYSTERY LAND)
ミステリじゃなかったけど、ジュブナイルとして面白かった
読了日:10月04日 著者:北村 薫
からだにおいしい 野菜の便利帳からだにおいしい 野菜の便利帳
野菜の図鑑といった感じ
読了日:10月04日 著者:
ザ・ロードザ・ロード
読み始めは単調かな?と思ったけど、途中からその淡々としたところが逆によくなってきた
読了日:10月02日 著者:コーマック・マッカーシー


にほんブログ村 本ブログへ
【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集
JUGEMテーマ:読書
2008.11.03 Monday * 02:00 | 雑記 | comments(0) | trackbacks(0)
* 本日のお買い物と半径1m以内に積んである本
 暑さに殊のほか弱いせいと、オリンピックを見続けていたために、今月はほとんど本を読んでません。けれど、読みたい本は日々出版されるんですよねえ。買うばっかりで、どんどん本の山が積みあがっていってます。

エヴァ・ライカーの記憶 (創元推理文庫 M ス 12-1)ウォリス家の殺人 (創元推理文庫 M テ 7-2)暗い海深い霧 (創元推理文庫 M こ 3-3 高城高全集 3)仲のいい死体 (創元推理文庫 M ゆ 1-3)“文学少女” と神に臨む作家 下 (ファミ通文庫 の 2-6-8)黄昏色の詠使いVII  新約の扉、汝ミクヴァの洗礼よ (富士見ファンタジア文庫 さ 2-1-7 黄昏色の詠使い 7)カラクリ荘の異人たち 2 ~お月さんいくつ、十三ななつ~ (GA文庫 し 3-2)
【本日のお買い物】
 ・『エヴァ・ライカーの記憶』ドナルド・A・スタンウッド、創元推理文庫
 ・『ウォリス家の殺人』D・M・ディヴァイン、創元推理文庫
 ・『暗い海 深い霧』(高城高全集3)高城高、創元推理文庫
 ・『仲のいい死体』結城昌治、創元推理文庫
 ・『“文学少女”と神に臨む作家(ロマンシエ)・下』野村美月、ファミ通文庫
 ・『新約の扉、汝ミクヴァの洗礼よ』(黄昏色の詠使いVII)細音啓、ファンタジア文庫
 ・『カラクリ荘の異人たち 2』霜島ケイ、GA文庫

 それにしても創元推理文庫が好きなんだな、私。高城高全集はコンプリート予定。普段から創元と早川を買う率がかなり高いですね。シリーズものは、買い溜めておいて読むのが追いついてないなあ。それなのに「文学少女」シリーズは我慢できなくて結末だけチラ見しちゃいましたよ……。

乱歩の軌跡―父の貼雑帖から不連続の世界マイナス・ゼロ 改訂新版 (集英社文庫 ひ 2-1 広瀬正・小説全集 1)ツィス 改訂新版 (集英社文庫 ひ 2-2 広瀬正・小説全集 2)ハローサマー、グッドバイ (河出文庫 コ 4-1)カリブ諸島の手がかり (河出文庫 ス 3-1)逆転世界 (創元SF文庫)鼻 (角川ホラー文庫 127-1)髑髏検校 (角川文庫 よ 5-38)明治開化  安吾捕物帖 (角川文庫 さ 2-5)血みどろ砂絵  なめくじ長屋捕物さわぎ (角川文庫 つ 6-1 なめくじ長屋捕物さわぎ)ちぐはぐな部品 (角川文庫)木野塚佐平の挑戦だ (創元推理文庫 M ひ 3-11)長い長い眠り (創元推理文庫 M ゆ 1-2)ザ・ロード人類が消えた世界宇宙旅行はエレベーターで妃は船を沈める壁抜け男の謎宇宙への秘密の鍵地球の静止する日―SF映画原作傑作選 (創元SF文庫)カラスの親指 by rule of CROW’s thumb秘密(トップ・シークレット) 5 (5) (ジェッツコミックス)エクサバイト深海のYrr 上 (1) (ハヤカワ文庫 NV シ 25-1)深海のYrr 中 (2) (ハヤカワ文庫 NV シ 25-2)深海のYrr 下 (3) (ハヤカワ文庫 NV シ 25-3)人間の手がまだ触れない (ハヤカワ文庫 SF シ 2-4)ゴールデン・マン (ハヤカワ文庫 SF テ 1-18 ディック傑作集) (ハヤカワ文庫 SF テ 1-18 ディック傑作集)まだ人間じゃない (ハヤカワ文庫 SF テ 1-19 ディック傑作集) (ハヤカワ文庫 SF テ 1-19 ディック傑作集)最後から二番目の真実 (創元SF文庫 テ 1-18)流星の絆古城ホテル償い (幻冬舎文庫)証し (幻冬舎文庫 や 10-2)
 積み過ぎです。でも、これでもまだ半分くらい。いつ読むんだろう……。

にほんブログ村 本ブログへ
【ほんぶろ】〜本ブログのリンク集
JUGEMテーマ:読書
2008.08.29 Friday * 20:23 | 雑記 | comments(0) | trackbacks(0)

<< | 2/9Pages | >>