* スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2011.01.19 Wednesday * | - | - | -
* 『彩雲国物語 青嵐にゆれる月草』雪乃紗衣
 まるで、王が泣いているようだと、思った。
 それとも、泣いているのは、自分だろうか。
 まだ……いわなければならないことがあるのに。(本文より)

 新章に入ってから、シリアスな展開が続きます。もちろん随所に笑えるエピソードやギャグも盛り込まれているけれど、全体のトーンはこれまでと違ってシビアなもの。官吏を続ける上で避けては通れない清濁併せ呑む度量を持つための修行とでもいいますか。
 秀麗は今までずっとまっすぐで正論だけ言っていて、そこが周囲に愛されてもいたけれど、そのままでは国を変える事は出来ません。なぜなら国家というものは、正論だけで成り立っているわけではないからです。君子であれば名宰相になれるかといえば、答えは否。
 作中で秀麗がタンタンこと蘇芳に兵法の格言と、秀麗の思う理想の指導者について語る場面がありました。「戦わずして人の兵を屈するは善の善なる者なり」 相変わらずの理想論と取ることも出来るけど、新章に入ってからの秀麗を見ていると、また違った印象を持ちます。うむ、「紅梅〜」以降のこの流れは結構好き。
 芸人でもミュージシャンでも、売れない不遇時代の苦労話を聞くのが一番面白いじゃないですか。それと同じで、ここで叩かれれば叩かれるほど、今己が出来ることの限界に歯噛みすればするほど、数巻もしくは十数巻後にやってくるであろう、名官吏となった秀麗の姿が輝くというものです。叩け清雅! 秀麗にもっと嫌味を!(笑)
 いや、でもほんと、秀麗はもともと、ちやほやされるよりも叩かれて伸びるタイプだと思うので、御史台の所属になったのはいい展開だと思うんですよね。それが証拠に、人の言葉の裏を考えるようになったし。

 ストーリーとしては、王の「一夫一婦制」を提案した劉輝に藍家が十三姫を後宮に送り込んできたり、各地で「死刑になった人間の幽霊」が現れたりで、秀麗が同僚でライバルの陸清雅と喧々囂々やりながら突っ走っています。
 劉輝の王としての成長と家臣との遣り取りに注目している私ですが、今回はなんと言っても藍楸瑛の苦悩っぷりが見所でしょうか。前巻からずっと藍家をとるか王をとるかで悩み続けている彼ですが、ようやく心が決まったようです。親友の李絳攸がもっと絡んでくるかと思ったけど、意外とあっさり引いちゃいましたね。
 次は藍州がメインになるのかな。これを機に、今まで語られることのなかった他の州についても順に触れてくれると良いなあ。それから、そろそろ地図や彩七家、官位と組織図を、ちゃんとページ数割いて巻頭につけて欲しくなってきましたよ。登場人物も多いことだし。せめて国政の仕組みがわかるページは欲しい。

【このシリーズの感想】
 第1巻『彩雲国物語 はじまりの風は紅く』
 第2巻『彩雲国物語 黄金の約束』
 第3巻『彩雲国物語 花は紫宮に咲く』
 第4巻『彩雲国物語 想いは遙かなる茶都へ』
 第5巻『彩雲国物語 漆黒の月の宴』
 番外編1『彩雲国物語 朱にまじわれば紅』
 第6巻『彩雲国物語 欠けゆく白銀の砂時計』
 第7巻『彩雲国物語 心は藍よりも深く』
 第8巻『彩雲国物語 光降る碧の大地』
 番外編2『彩雲国物語 藍より出でて青』
 第9巻『彩雲国物語 紅梅は夜に香る』
 第10巻『彩雲国物語 緑風は刃のごとく』
2007.05.25 Friday * 20:20 | ライトノベル | comments(0) | trackbacks(1)
* 『少年陰陽師 いにしえの魂を呼び覚ませ』結城光流
少年陰陽師 いにしえの魂を呼び覚ませ少年陰陽師 いにしえの魂を呼び覚ませ結城 光流 角川書店 2005-12-28売り上げランキング : 8734おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools

 時は平安。久々に平和な日々を過ごしていた、安倍晴明の後継・昌浩。そんな中、以前お世話になった道反の巫女のもとにお礼に行こうと思いたった昌浩は、紅蓮らと共に出雲へと向かうことに。だが昌浩は知らなかった。ちょうどその頃、荒魂を甦らせるための鍵を手に入れんと、謎の襲撃者が道反の聖域に襲いかかっていたことを―!!またしても新たな敵が、昌浩たちの前に立ちはだかる!!少年陰陽師・新章、ついに開始。(「BOOK」データベースより)

 新章は風音編再びというか、その続きですね。舞台は出雲。風音と六合の関係もあのままでは哀しく曖昧なままですし、この章でそこらへんがはっきりされるんだろうなあ。そんなわけで六合が前面に出てくることでしょう。今まで感情を表に出さなかった彼が、早くも激情を露にしています。けど、この巻では私は玄武が一番印象に残りました。彼も普段あまり感情を荒立たせないタイプ。それでも感情に起伏がないわけじゃないんですよね。六合と併せて、玄武の考えや行動ももっと読みたいなあ。
 さて、新しい章には新しいキャラ。今回はなんと道反大神が出てきました! 挿絵はなかったけどきっと格好いいに違いない。意外なお方との関係も明らかになります。明らかになったといえば、六合が胸に下げている紅い勾玉の秘密も今回わかりました。なるほどなるほど。のほほんとしている昌浩と彰子のカップルよりも早く、六合と風音のカップルが怒涛の展開になりそうな予感。それにしても風音は攫われやすい体質ですねえ。
2007.01.16 Tuesday * 23:16 | ライトノベル | comments(0) | trackbacks(0)
* 『少年陰陽師 其はなよ竹の姫のごとく』結城 光流
少年陰陽師 其はなよ竹の姫のごとく少年陰陽師 其はなよ竹の姫のごとく
結城 光流

角川書店 2005-09-30
売り上げランキング : 16575
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 時は平安。稀代の陰陽師・晴明の孫である安倍昌浩は、兄の成親・昌親と一緒に、魔物に狙われている左大臣道長の息子・鶴君の護衛をすることになる。が、この鶴君、実はとんでもないわがまま若君で…(「玄の幻妖を討て」)。今をさること十年前。安倍家の長男・成親と“なよ竹の姫”と名高い美しい姫君との結婚秘話が明らかに…!?(「其はなよ竹の姫のごとく」)など計四作を収録した、大人気安倍家三兄弟が大活躍の短編集。(「BOOK」データベースより)

 短編4作が収録されている番外編。
 これまで本編にちらりちらちと出てきていた長兄・成親の妻がどんな女性なのか、ようやくここで詳しく書かれました。なんと“なよ竹の姫”だとは! 今までの話だとちょっとわがままそうな印象だったんですけど、この話を読んだらとても可愛い、当時の通い婚の常識から外れた一夫一婦制を強く望む一途な女性でした。成親兄さんがことあるごとに「妻が妻が」と言っていたのは、恐妻家だからじゃなくて愛妻家ゆえだったんですね。求婚者たちの強引なアプローチに辟易した姫が、成親兄さんをカモフラージュにしてそれをやり過ごそうとするお話。成親兄さんがなかなか恰好よいです。
 次兄・昌親に絡んだ話も出てきて、阿部家の三兄弟について補足された一冊という感じかな。その昌親とその娘姫のお話では紅蓮の変化も一緒に描かれていて、昌浩との出会いが紅蓮を変え、そして紅蓮の変化によって昌親や神将の紅蓮に対する鬱屈も少しずつ薄らいできています。

 次からは新章。さて、今度はどんなことが待ち受けているのか。
2006.12.16 Saturday * 01:17 | ライトノベル | comments(0) | trackbacks(0)
* 『彩雲国物語 緑風は刃のごとく』雪乃 紗衣
彩雲国物語―緑風は刃のごとく彩雲国物語―緑風は刃のごとく雪乃 紗衣 角川書店 2006-09-30売り上げランキング : 2001おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools

 謹慎が解け、ヒラ官吏(冗官)として王城に復帰することになった紅秀麗。しかし彼女を待っていたのは、「一ケ月以内にどこかの部署で使われなければクビ」という、冗官たちへのキツイ解雇宣告だった!!「官吏でありたい!」と頑張る秀麗だったけど、他のダメダメ冗官たちの面倒まで見るハメになり!?(「BOOK」データベースより)

 これまではちやほやされている秀麗のことを「まあ、主人公だし、読者が自己投影してわくわくどきどきするお話だし」と一歩引いて読んでいたわけですが、前巻からの新章は今までもてはやされていた秀麗の素直さを「官吏としては到底やっていけない甘さ」だと一刀両断してくれる気持ちのいい展開です(笑)
 秀麗がモテまくって、みんなに優しくしてもらえて、頑張って出世するのを楽しみに読んでいる人には、辛い巻ですね。「紅梅」も「緑風」も。でも私には気持ちよかったー。ずっと心の中で「誰か言ったれや…」と、もやもやしていたので、ようやくびしっと軌道修正してくれたわ、という感じです。今までの秀麗は、理想に燃え夢に向かって邁進するばかりで、そのままでは到底魑魅魍魎跋扈する伏魔殿(朝廷)ではやっていけないだろうと思ってたんで。けど、このティーンズ向けレーベルではちょっとそこまでシビアなことを要求するのも酷というものかな、という気持ちもありました。まあ、秀麗がモテまくりな件に関しては、賛否両論あったみたいだけど。
 今回の件で、秀麗はただ理想論と正義を振りかざすばかりでは駄目なんだということに気づかされましたし、180度価値観の違う好敵手も登場したしで、物語にぐんと弾みがついたんじゃないでしょうか。高く飛び上がる前の深いタメの巻ですね。
 それと今回も新キャラが続々と登場。冷血だの腹黒だの言われそうな某部署のお二方。私は彼ら側の人間らしく、ちっとも人非人だとは思わず「まったくだよね」「そうそう」と頷いて彼らの言い分を読んでました(笑) それからタンタンこと蘇芳が随分と重要なキャラになりそうな感じ。彼の脱力系なところと、しっかり見る目は持ってるところのバランスの良さがいいです。今までは顔良し、家柄良し、頭脳良し、と三拍子揃ってるキャラばかりだったので、こういう悪く言えば後ろ向きな、良く言えば瀬戸際を見切ることのできるキャラは貴重だと思います。
 あとは、双花菖蒲と劉輝の関係がどうなるのかが、とても気になります。実は秀麗よりも、劉輝とその腹心たちの朝廷内部の遣り取りのほうを楽しみに読んでいるので。
2006.11.20 Monday * 21:08 | ライトノベル | comments(0) | trackbacks(0)
* 『少年陰陽師 儚き運命をひるがえせ』結城 光流
少年陰陽師 儚き運命をひるがえせ少年陰陽師 儚き運命をひるがえせ結城 光流 角川書店 2005-06-30売り上げランキング : 3432おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools

 天狐編最終章。一連の対決や戦いはこの巻で終わりました。前巻ラストで「ええっ!?」という展開のまま今巻に持ち越されたある神将については、ほっと一息。そして晴明に関係するある事実についてもついに明かされてすっきり。
 私は晶霞という天狐が好きなんですが、彼女と貴船の高淤の神との遣り取りが今回はしんみりしてましたね。いつも気まぐれで、下手をすると妖や魔物より性質が悪い高淤の神だけど、朋友である晶霞と対面しているときは神らしからぬ情を感じさせました。なんだかこの巻は晶霞や晴明に全部もってかれちゃったなーという感じ。彼らの前では昌浩たちの奮闘も影が薄れます。まあ、まだ青二才な昌浩ですから、どんなに彰子や章子絡みでシリアスになっても、ウン十年の年の差のある晴明たちのシリアスさには及びもつかないのはしょうがないですね。
 後半「脆い」という台詞が出てくるんですが、私から見ると彰子は芯が強く、章子こそ脆く危うい少女だというイメージだったんで、ちょっとそこんところで「……う〜ん?」と思いました。人によって見方はそれぞれってことで。昌浩にかかっては彰子が一番!なのは仕方なし。
2006.11.15 Wednesday * 21:02 | ライトノベル | comments(0) | trackbacks(0)
* 『羅刹の腕を振りほどけ 少年陰陽師』結城 光流
羅刹の腕を振りほどけ ―少年陰陽師羅刹の腕を振りほどけ ―少年陰陽師
結城 光流 あさぎ 桜

角川書店 2004-12-25
売り上げランキング : 3302
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 無理に無理を重ねた晴明はなんとか一命を取り留めたものの、未だ重篤な状態です。彼の天命がどのようになっているのか、昌浩が動くことで星宿がどのように変わっていくのか、話が進むごとに一進一退といった雰囲気。ちらっと冥府の官吏殿が出てきたりもして、深刻な状況にも係わらずにんまりもさせてもらいました。
 密かに昌浩を想う章子が哀れです。昌浩には彰子がいるから彼女の気持ちは成就しないでしょうが、どういう風にそれを収めるのか気になります。瓜二つな異母姉妹のために身代わりとなって入内した章子。彼女のこれまではすべて彰子の影になってしまっていて、昌浩までもが彰子のものだとなれば、恨んでしまうのも無理はありません。むしろ今までよくじっと我慢していたと、誰かが彼女に言ってあげて欲しいくらい。帝は既に中宮定子を深く愛しているだけに、章子は身の置き場がないんですよね。物語としてはやっぱり彰子が昌浩と結ばれて、章子は入内することになるでしょうが、彼女にも幸せが訪れてくれることを祈ります。
 今回、十二神将たちの過去がまた少し明かされました。実は結構朱雀のことが好きだったりするので、今回は出番が多くて嬉しかったです。なるほどなるほど、神将の死というものについての伏線ですね。これが急展開なラストにどう続くのか。
2006.11.13 Monday * 00:01 | ライトノベル | comments(0) | trackbacks(0)
* 『彩雲国物語 紅梅は夜に香る』雪乃 紗衣
彩雲国物語 紅梅は夜に香る彩雲国物語 紅梅は夜に香る
雪乃 紗衣

角川書店 2006-08-31
売り上げランキング : 1295
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 任地の茶州から王都へ帰ってきた、彩雲国初の女性官吏・秀麗。しかし久々の故郷に喜ぶ間もなく、彼女はある出来事の責任をとるため、高位から一転、冗官として再出発することに!しかも、一時登城禁止を言い渡された秀麗は、街で自分にできることを探し始める。周りの皆に見守られつつ、ガンバル秀麗だけど、突然ヘンテコな貴族のお坊ちゃまに求婚されて!?またもや嵐が!?(「BOOK」データベースより)

 新章になって新キャラも続々登場。どんどん人物数が増えてきたので、そろそろ登場人物紹介のページをちゃんと設けて欲しいところです。今のまま(6名分)では少なすぎる。ついでに相関図もお願いしたい。「うーさま」や「タンタン君」は、これからもどんどん出てくるでしょうし。
 内容については、今までの「いい子ちゃん」な秀麗に対する読者の疑問(不満も含む)に対する作者からの回答のような感じを受けました。
「秀麗はどうしていつもあんなに前向きで、なんでもバリバリこなすのか?」
 私の疑問は「どうしてあんなに秀麗はモテまくりなのか?」ってことなんですが、それはまあ、主人公だからなんでしょうね(笑) 秀麗がひとときもじっとしていないで前へ前へ進もうとするその裏で、いったい何を思っているのか。今まではなんでも出来る優等生なイメージでしたが、この巻でちょっと秀麗の惑いや不安というものが伝わって少しは近づきやすくなったかな。静蘭もそうだけど、弱音を吐かないなりの理由ってのもあるんだなあ、と。
 そして秀麗が普段蓋をしている感情を吐露させるだけでなく、彼女の突き進んできた真っ直ぐな道筋に対して、見方や立場を変えればこんな風にもなるんだという、苦い部分も今回はあって、そこが成長してきた彼女に対するもう一段上へ向かうきっかけになったんではないかと思いました。
2006.11.05 Sunday * 00:53 | ライトノベル | comments(0) | trackbacks(0)
* 『少年陰陽師 冥夜の帳を切り開け』結城 光流
冥夜の帳を切り開け―少年陰陽師冥夜の帳を切り開け―少年陰陽師
結城 光流 あさぎ 桜

角川書店 2004-09-28
売り上げランキング : 3753
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 大陰陽師安倍晴明に、命の刻限が迫っていた。彼の、そして孫の昌浩の中にも流れる天狐の血が、その命を削っているのだ。大好きなじい様を助ける方法を探そうと、懸命になる昌浩。だがそんな中、昌浩と彰子は、天狐・晶霞と凌寿の確執に、さらには中宮章子を狙う怪僧・丞按の攻撃に、いやおうなく巻き込まれていく…。(「BOOK」データベースより)

 いよいよ晴明の寿命が尽きるのか――。かなり無理に無理を重ねて離魂術を使っていた晴明。その分霊力も寿命も縮めていたのは、昌浩も神将たちも周知のこと。かなり老齢でもありますから、いつかはこういう時がやってくる覚悟もしていたでしょうが、それでもやはり、死なせたくない、生きていて欲しい、と願ってしまうようです。
 今回は、凌寿や丞按と相対しながら晴明延命の術はないかと奔走(迷走?)する話。
 正直なとこ、「こんなに早くその日がやってくるなんて……っ」と言っている昌浩たちに「平安時代で70歳以上生きてるなんて、ものすごい長寿じゃ…?」とツッコミ入れたい気持ちを抱えて読んでました。まあ、いざってときのことは誰しも先延ばしにして考えないようにしちゃうもんだけど。
 そんな中、晶霞と凌寿のふたりの天狐の関係がはっきりしました。でも、過去にあった出来事にはまだ触れられていないので、どうしてふたりが敵対するようになってしまたのか、そしてそこに和解のヒントはないものかという点がこれからの注目になるかな。
 昌浩の兄たち(成親と昌親)は、ほっとする和みキャラですね。彼らが出てくると明るくなっていいです。無自覚な昌浩に代わって、なんとか彰子との仲を周囲に(というか、左大臣に)認めさせるための遠大な外堀埋め立て計画は成功するのでしょうか(笑)
2006.11.03 Friday * 18:30 | ライトノベル | comments(0) | trackbacks(0)
* 『彩雲国物語 藍より出でて青』雪乃紗衣
彩雲国物語 藍より出でて青彩雲国物語 藍より出でて青雪乃 紗衣 角川書店 2006-03-31売り上げランキング : 3141おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools

 会試直前の王都に、天才・藍龍蓮がやってきた!自由人な彼のキテレツな振る舞いに、兄の楸瑛は大迷惑。しかし周囲の声なんて気にもせず、龍蓮が「心の友」(=秀麗と影月)のために巻き起こした大騒動とは!?(「王都上陸 龍蓮台風!」)ほか、恋する男女が想いを伝える「秋祭り」に起こった不思議な事件、龍蓮の茶州トンデモ観光案内で、秀麗たちもおおわらわな新作書き下ろしを収録。超人気シリーズ、お得感満点の外伝登場。(「BOOK」データベースより)

 なんか、彩雲国と少年陰陽師の感想ばかり書いてる気がする。
 さて、これは番外編の短編集。表紙は、秀麗と影月をがしっと抱き寄せている龍蓮。内容もそのまんま、龍蓮フェア開催中!といった感じでした。龍蓮贔屓な私には、嬉しい特盛りパックとでもいいましょうか(笑)
 龍蓮はいつものように天上天下唯我独尊で、飄々としていて、奇天烈で、そして本当に友人思いなやつでした。ただ、表の顔ばかりではなく、兄・楸瑛とふたりで過ごす邸宅の夜のやりとりなどは、彼の淋しさや孤独をちらりと覗かせていて、これでまた私の中で龍蓮株が上がっちゃいました。以前、彩雲国の感想の中で龍連と黎深とにどこか似たものを感じると書いたことがありますが、やっぱりこのふたりは似たものを持っています。性格は正反対といってもいいけれど。天才を人の世に繋ぎとめておけるのは、友人なんですね。
 いやー、それにしてもこの物語はどいつもこいつもブラコンだなー、とはいつも思っていたんですが、藍家の兄弟たちもなかなか甘いお兄ちゃんでありました。他所に比べたらずっとまともだけど(笑)
2006.10.23 Monday * 20:52 | ライトノベル | comments(0) | trackbacks(0)
* 『彩雲国物語 光降る碧の大地』雪乃紗衣
彩雲国物語 光降る碧の大地彩雲国物語 光降る碧の大地雪乃 紗衣 角川書店 2006-01-31売り上げランキング : 4542おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools

 ひろがる奇病をなんとか食い止めようと茶州へ戻った秀麗、しかしそこには奇病の原因を女性である秀麗が官吏になったせいで天が怒っていると吹聴する邪仙教に惑わされた人民たちがいました。人々が秀麗を恨んで憎んで手にかけようとするのを見て、イライラむかむか。んなわきゃないだろ、なんて思うのは客観的に見ているからで、当事者になったらこういう言葉に飛びついちゃうものなのかな。訳がわからないままバタバタと近親者が死んでいくよりも、「こいつのせいだ」と憎しみややり切れなさをぶつける者がいるほうが救われるのか。
 大活躍の秀麗よりも、私は王都から派遣された医師団の描写に胸打たれるものがありました。開腹手術をしなければ病巣を取り除けない奇病。しかし、誰も人の腹を切った経験などないのです。開腹などという方法も知らなかった彼ら。もちろん手術用の道具もありません。人の腹を割く、下手をすれば……いえ、一所懸命やっても、頑張っても、自分のせいで病人を殺してしまうかもしれない。人の命を救うために医師になったのに、もしかしたら自分の手で患者を殺してしまうかもしれない。そんな恐怖と不安、それでも目の前で死んでゆく人々を助けたいという思い。若き医師団は苦悩し、葛藤し、無力な己にむせび泣きます。いつもは秀麗がいろんな相手と渡り合って物事を解決しますが、この巻はこの医師団の頑張りが事態を変えます。
 誰かを助けるためにきたなんて、命が救えないとダメだなんて、とんだ傲慢だ。
 傲ってはいけない。簡単に命なんて救えない。天の宿命に逆らってでも、傾いた命の秤を押し上げたいと思うのなら。
 自分のすべてと引き替えにして、その命に潰されるかもしれなくても、全身全霊の力で。(本文より)

 医師団については、みな特に名前を持たないその他大勢キャラなんですよね。でも、その名もなき医師たちがすごく良かった。助けを求めて子供を抱えて遠くからやってきた母親を前にしたひとりの医師が、涙を拭って一歩踏み出すところがとても印象に残っています。
 もうひとつの山場である、影月についてはなにを書いてもネタバレになりそうなんだよなあ。ひとつだけ挙げると、囚われの身となった影月のもとに龍蓮がやってくるところがよかった。天才であるがゆえにいつも頓珍漢で飄飄としている龍蓮が、この世の終わりであるかのように取り乱すんですよ。それだけ龍蓮にとって、影月は得がたい存在だというのがよくわかりました。龍蓮にもできないことがあり、その考えを誰もはかることができない彼をつなぎとめている存在がそこにあるのだ、という唯一の弱点というか人間的な面を見ることができました。
2006.10.22 Sunday * 14:21 | ライトノベル | comments(0) | trackbacks(0)

<< | 2/4Pages | >>